瀬谷区版 掲載号:2015年2月26日号 エリアトップへ

横浜マニラ友好委員会の委員長を務める 二宮 登さん 旭区在住 80歳

掲載号:2015年2月26日号

  • LINE
  • hatena

絆深める”架け橋”に

 ○…今年は横浜市とマニラ市の姉妹都市提携50周年を迎える節目の年。「長いようで、あっと言う間だった」と振り返る。横浜マニラ友好委員会では、フィリピンなどから来日し、介護福祉に携わる若者を支援しようと3月7日、チャリティーイベントを開く。「市民レベルの発想で、グローバルな国際交流を進めていきたい」。国際都市としてともに歩んだ50年。次世代を見据え、さらなる友好を築く。

 ○…同委員会発起人の一人として奔走し、マニラとの友好交流を深めてきた。始まりは、親交のあった初代委員長・渡辺はま子さんに「横浜のために働いてほしい」と頼まれたこと。父親がフィリピンで戦死したことや、同国の英雄が横浜で亡命生活を送っていた歴史背景などもあり、活動に打ち込んだ。歴代の大統領と面会するなど、2つの市の”架け橋”となった。「人と同じで、支えなしで1つの都市だけでは生きていけない。互いの文化を理解し合い、絆を深めることが大切」と思いを込める。

 ○…今でこそ馴染みのある動物になったコアラ。実は、オーストラリアから横浜に初めて連れてきた人物でもある。同委員会を母体とした「コアラと市民の会」で、中心となり活動を進めた。「コアラが横浜に来たら、子どもも大人もお年寄りも喜ぶでしょう。周りの期待に応えたかった」と当時を懐かしむ。「自分一人の力ではできないこと。助けてくれる人が大勢いた」とにっこり。人が集まってくるのも、真摯で、温かな人柄があってこそだ。

 ○…旭区今川町で農家を営む。ブルーベリー畑は、留学生に農作業を体験させる国際交流の場でもある。横浜旭ロータリークラブにも所属し、地域奉仕にも余念がない。多忙な日々を送るが、そんな素振りは見せず表情は柔らかい。「いつも出会いを大切にしている。これからも、たくさんの交流を大事にしていければ」。この先にある新たな出会いを楽しみに、歩んでいく。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

谷口 康一さん

プラネタリウムや理科教室を開く瀬谷サイエンスクラブの代表を務める

谷口 康一さん

瀬谷在住 66歳

11月14日号

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月7日号

岩脇 朋夫さん

開館20周年を迎えた中屋敷地区センターの館長を務める

岩脇 朋夫さん

中屋敷在勤 62歳

10月17日号

菊本 和昭さん

NHK交響楽団で首席トランペット奏者を務める

菊本 和昭さん

旭区在住 38歳

10月10日号

瀬戸 勇さん

「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード」を受賞した横浜市消防局職員

瀬戸 勇さん

瀬谷区在住 40歳

10月3日号

大内 昇さん

瀬谷歯科医師会の会長を務める

大内 昇さん

三ツ境在勤 56歳

9月19日号

畑 武士さん

NPO法人楽竹会(らくちくかい)の理事長を務める

畑 武士さん

宮沢在住 75歳

9月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク