瀬谷区版 掲載号:2015年2月26日号
  • googleplus
  • LINE

横浜マニラ友好委員会の委員長を務める 二宮 登さん 旭区在住 80歳

絆深める”架け橋”に

 ○…今年は横浜市とマニラ市の姉妹都市提携50周年を迎える節目の年。「長いようで、あっと言う間だった」と振り返る。横浜マニラ友好委員会では、フィリピンなどから来日し、介護福祉に携わる若者を支援しようと3月7日、チャリティーイベントを開く。「市民レベルの発想で、グローバルな国際交流を進めていきたい」。国際都市としてともに歩んだ50年。次世代を見据え、さらなる友好を築く。

 ○…同委員会発起人の一人として奔走し、マニラとの友好交流を深めてきた。始まりは、親交のあった初代委員長・渡辺はま子さんに「横浜のために働いてほしい」と頼まれたこと。父親がフィリピンで戦死したことや、同国の英雄が横浜で亡命生活を送っていた歴史背景などもあり、活動に打ち込んだ。歴代の大統領と面会するなど、2つの市の”架け橋”となった。「人と同じで、支えなしで1つの都市だけでは生きていけない。互いの文化を理解し合い、絆を深めることが大切」と思いを込める。

 ○…今でこそ馴染みのある動物になったコアラ。実は、オーストラリアから横浜に初めて連れてきた人物でもある。同委員会を母体とした「コアラと市民の会」で、中心となり活動を進めた。「コアラが横浜に来たら、子どもも大人もお年寄りも喜ぶでしょう。周りの期待に応えたかった」と当時を懐かしむ。「自分一人の力ではできないこと。助けてくれる人が大勢いた」とにっこり。人が集まってくるのも、真摯で、温かな人柄があってこそだ。

 ○…旭区今川町で農家を営む。ブルーベリー畑は、留学生に農作業を体験させる国際交流の場でもある。横浜旭ロータリークラブにも所属し、地域奉仕にも余念がない。多忙な日々を送るが、そんな素振りは見せず表情は柔らかい。「いつも出会いを大切にしている。これからも、たくさんの交流を大事にしていければ」。この先にある新たな出会いを楽しみに、歩んでいく。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6件

橘和 美優さん

国際コンクール受賞記念のバイオリンコンサートを8月19日に開く

橘和 美優さん

7月26日号

東(ひがし) 七男さん

荒れ地を花壇として整備した、みなみせやフラワーズの代表を務める

東(ひがし) 七男さん

7月12日号

久松 紘一さん

横浜瀬谷ロータリークラブの新会長に7月1日付で就任した

久松 紘一さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

伊藤 吉治さん

瀬谷区商店街連合会の新会長に就任した

伊藤 吉治さん

6月14日号

山谷 朋彦さん

5月に横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

6月7日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク