瀬谷区版 掲載号:2015年2月26日号 エリアトップへ

大規模災害に備え 警察と消防が合同訓練

社会

掲載号:2015年2月26日号

  • LINE
  • hatena
救出救助訓練の様子
救出救助訓練の様子

 大規模災害等の緊急事態時に関係機関が迅速かつ的確に対応するための災害対策合同訓練が1月25日、北町の(株)エスシー・マシーナリ東京機械センターの敷地内で実施された。

 訓練には瀬谷警察署、県警本部危機管理対策課即応対策チーム、県警第二機動隊レスキュー部隊、瀬谷消防署、瀬谷安全運転管理者会ら約40人が参加した。「即応対策チーム」は東日本大震災後に結成されたチーム。昨年8月に広島で発生した土砂災害時も現地で救助活動を行った精鋭だ。同チームが加わることでより実践的な訓練となった。

 県内で震度7の地震が発生し、作業現場内を走行中の車両が施設に衝突、車内に運転手が取り残されたという想定で訓練が行われた。

 県警部隊や安管会員らが主導となり車内に閉じ込められた運転手を救出する訓練では、本物の車のドアをウォーターカッターで切断し救出活動を、事故車両の移動訓練では簡易レッカーを使って人の手で移動するなど、本番さながらの緊張感の中、進められた。その後、消防署主導で作業現場において有毒ガスが発生したと想定した、有毒ガス対処訓練も行われた。訓練を見学していた地域の人の中には、迅速な動きで対処する隊員らに対し、時折、感心の声を上げる人も。警察と消防が合同で行った本格的な訓練を、多くの人が真剣な眼差しで見つめていた。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

事故防止を呼びかけ

瀬谷区交通安全対策協議会

事故防止を呼びかけ 社会

小学生が一日署長に

4月15日号

港と客船の調和を

港と客船の調和を 文化

大さん橋で写真展示

4月15日号

「命と医療守り、経済を再生」

「命と医療守り、経済を再生」 社会

林市長インタビュー

4月15日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

4月15日号

事業者支援策を説明

IDEC

事業者支援策を説明 経済

瀬谷区役所で30日に

4月15日号

歌謡やバロックを演奏

昼ドキイベント・せや

歌謡やバロックを演奏 文化

16日と23日 瀬谷公会堂で

4月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter