瀬谷区版 掲載号:2015年3月26日号 エリアトップへ

災害時に消防応援協力 地域と福祉施設が覚書

社会

掲載号:2015年3月26日号

  • LINE
  • hatena

 三ツ境南住宅富士見会(田口歩会長)、三ツ境南住宅自治会(宇佐美恵会長)、(株)ハートフルケア介護付有料老人ホームカーサプラチナ三ツ境(新名誠施設長)、社会福祉法人瀬谷はーと・せや活動ホーム太陽本館(峯村宏理事長)らは2月22日、せや活動ホーム太陽本館で災害等による被害を軽減することを目的とした「消防応援協力に関する覚書」を締結した=写真。

 消防応援協力の内容は【1】初期消火活動【2】避難誘導活動【3】応急救護活動【4】その他必要と認める活動、の4項目。地域および施設で災害が発生した場合、可能な範囲で相互協力を行う。また日頃から、消防・防災訓練や地域活動、イベント等を実施する際にも連携しながら実施していく。

 締結式で立会人を務めた大山潔瀬谷消防署長は「今回の締結をきっかけに、さらに地域のコミュニティーを深め、いざという時は相互に応援協力し、災害による被害の軽減に繋げていって欲しい」と語った。

 瀬谷区では昨年12月1日現在、16の社会福祉施設と34の自治会町内会が同様の覚書を結んでいる。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

11月にふるさとウォーク

11月にふるさとウォーク スポーツ

主催者が参加者募る

10月22日号

保育の方向性を共有

保育の方向性を共有 教育

大学教授が講演

10月22日号

事業者にステッカー

事業者にステッカー 経済

市、感染予防策後押し

10月22日号

本郷公園でピラティス

不妊治療の支援へ意欲

三原副大臣ら

不妊治療の支援へ意欲 政治

市内クリニックを視察

10月22日号

長年続く大門小の凧揚げ

【Web限定記事】プレイバック瀬谷㉖

長年続く大門小の凧揚げ 社会

17年5月を振り返る

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク