瀬谷区版 掲載号:2015年3月26日号
  • googleplus
  • LINE

キリン横浜 地域限定の一番搾り発売 県内で5月19日から

経済

 キリンビールマーケティング(株)横浜支社(横浜市中区)は、5月19日から、横浜工場(同鶴見区)で醸造する神奈川県限定の一番搾り「横浜づくり」を販売すると発表した。

 全国に9つある工場の醸造長が、地元の特性を考慮して商品設計した地域密着型商品の「横浜版」。9工場一斉に各地域版を販売する。

 「横浜づくり」は、横浜の代表的な味覚である中華や洋食に合うように開発した。香りにこだわり、通常3〜4種類のホップを2種類追加。豊潤な味わいと爽やかな香りに仕上げた。横浜工場の岡田義宗醸造長は、「濃い味に負けないように意識した。特徴を出し過ぎると、すっきりした一番搾りの良さがなくなるので、バランスが難しかった」と話す。

 販売は主に県内で、350mリットル缶が量販店、中ビンがホテルや飲食店で市販される。価格はオープン価格。販売期間は7月末〜8月中旬頃までを想定している。
 

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

初期消火技術を競う

求む、緑あふれる写真

フォトコンテスト

求む、緑あふれる写真

7月26日号

8月にコンサート

橘和さん阿久和南

8月にコンサート

7月26日号

瀬谷区の人材バンクが作品展

ミニ水族館をつくろう

内モンゴルの児童と交流

かんとう幼稚園

内モンゴルの児童と交流

7月26日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク