瀬谷区版 掲載号:2015年3月26日号 エリアトップへ

キリン横浜 地域限定の一番搾り発売 県内で5月19日から

経済

掲載号:2015年3月26日号

  • LINE
  • hatena

 キリンビールマーケティング(株)横浜支社(横浜市中区)は、5月19日から、横浜工場(同鶴見区)で醸造する神奈川県限定の一番搾り「横浜づくり」を販売すると発表した。

 全国に9つある工場の醸造長が、地元の特性を考慮して商品設計した地域密着型商品の「横浜版」。9工場一斉に各地域版を販売する。

 「横浜づくり」は、横浜の代表的な味覚である中華や洋食に合うように開発した。香りにこだわり、通常3〜4種類のホップを2種類追加。豊潤な味わいと爽やかな香りに仕上げた。横浜工場の岡田義宗醸造長は、「濃い味に負けないように意識した。特徴を出し過ぎると、すっきりした一番搾りの良さがなくなるので、バランスが難しかった」と話す。

 販売は主に県内で、350mリットル缶が量販店、中ビンがホテルや飲食店で市販される。価格はオープン価格。販売期間は7月末〜8月中旬頃までを想定している。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

瀬谷第二地区秋の文化祭

見守り合いの集いに灯篭

阿久和北部

見守り合いの集いに灯篭 社会

7日に向原第二公園で

10月29日号

詐欺防止の動画配信

神奈川県警

詐欺防止の動画配信 社会

人気の実演販売士を起用

10月29日号

日々の感染対策を

新型コロナやインフルに備え

日々の感染対策を 社会

区医師会の池部副会長に聞く

10月29日号

不妊治療の支援へ意欲

三原副大臣ら

不妊治療の支援へ意欲 政治

市内クリニックを視察

10月22日号

長年続く大門小の凧揚げ

【Web限定記事】プレイバック瀬谷㉖

長年続く大門小の凧揚げ 社会

17年5月を振り返る

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月29日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク