瀬谷区版 掲載号:2015年4月2日号 エリアトップへ

長屋門公園で4月から開講する写真教室で講師を務める 石渡 均さん 旭区在住 59歳

掲載号:2015年4月2日号

  • LINE
  • hatena

「もう一度、原点に」

 ○…阿久和東の長屋門公園で、初の試みとなる写真教室の講師を務める。「長屋門はよく遊んだ場所。洞窟があって、昔は秘密基地のようだった」。少年の頃、写真や漫画を雑誌に投稿。名前が載ることが嬉しく、表現の面白さに夢中になった。カメラマンとして歩んできた道を振り返り、「製作現場は予算や人間関係など制約もある。もう一度原点に戻って、参加者と楽しみたい」と意欲を見せた。

 ○…映画の原体験は3〜4歳の頃。銀座の映画館で見た「ターザン」に衝撃を受けた。「音と映像の迫力に震えたよ。父曰く、泣いていたらしい」。シナリオライターを志した20代前半から、ドラマや映画の撮影現場に参加。中でも円谷プロの特撮作品は「転換期」と語るほど、印象深い経験だった。「セリフ1行分で何カットも撮影するからシナリオ通りとはいかない。この時、映像は文字を越えられるのではと思った」。以降、フリーカメラマンとして、自らの思いを映像で表現してきた。

 ○…約20年前、文化庁が行う新進芸術家対象の海外研修制度で1年間、アメリカへ留学。映画「E.T.」等の撮影を担当したアレン・ダヴィオー氏と出会い、多くを学んだ。「技術を独占せず、分かる人が伝えていかないと」。日本映画学校や、現在は東京藝術大学映像研究科で後進の指導にあたる。「デジタル機器の普及で映画製作の垣根がなくなったのは良いこと。ただ、何を撮りたいか、表現の意図を持つことが重要」。恩師・岡崎宏三氏の言葉を借りながら、学生たちに貪欲な姿勢を求め続ける。

 ○…翻訳や映像専門書の執筆、文芸同人誌「澪」の編集長として評論を連載するなど、活動は多岐に渡る。働き盛りの頃、周りからの批判もあった。「いろいろやったらダメなのか。一つに絞らず、二刀流でも三刀流でも良いはず」。その思いが作品を生み出す力になった。新たな挑戦も気負わず、楽しみながら進んでいく。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

八重樫 東(あきら)さん

元プロボクサーでアスリート支援に取り組んでいる

八重樫 東(あきら)さん

瀬谷区在住 38歳

8月5日号

石川 英昭さん

瀬谷区防犯指導員連絡協議会の会長を務める

石川 英昭さん

瀬谷在住 74歳

7月29日号

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

歌手デビュー50周年を迎える

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

 65歳

7月22日号

原 秀樹さん

(一財)神奈川県高等学校野球連盟の専務理事を務める

原 秀樹さん

阿久和南在勤 56歳

7月15日号

森本 潔さん

7月1日付で、横浜瀬谷ロータリークラブの会長に就任した

森本 潔さん

下瀬谷在住 70歳

7月8日号

沼尾 正俊さん

瀬谷区薬剤師会の会長に就任した

沼尾 正俊さん

相沢在勤 54歳

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter