瀬谷区版 掲載号:2015年5月14日号 エリアトップへ

南瀬谷地区 サポーター組織が発足 地域活動への参加促進

社会

掲載号:2015年5月14日号

  • LINE
  • hatena
説明会で話す澁谷会長
説明会で話す澁谷会長

 災害発生時や防犯、各イベントなどの地域活動において、各自が協力できることを登録する新たな取り組み「みなみせやサポーターズ」が南瀬谷地区でスタートする。同地区では事前にアンケートを全戸配布し、説明会を実施。5月17日には発足会が行われる。

 この取り組みは、大規模自然災害などで重要となる、人と人のつながりを強めようと、南瀬谷自治連合会(澁谷悦旦会長=人物風土記で紹介)や南瀬谷地区社会福祉協議会(林茂会長)が協力して立ち上げたもの。

 「みなみせやサポーターズ」には同地区在住であれば誰でも参加可能。趣味や特技、さらに「非常時にはこんな物資を提供できる」「仕事の経験を生かして役に立ちたい」など協力できることを登録し、必要なときに地域活動に参加するという仕組みだ。

 この動きが起こったのは昨年5〜6月頃。「地域の担い手を見つけたい」という思いから、日頃、地域活動への参加が難しい男性を対象に、うどん打ちを実施した。すると予想以上の参加があったため、それをより発展的なものにしようと、自治会の役員や区役所の担当者らが話し合いを重ねてきた。

 同地区約3000世帯にアンケートを全戸配布。仕事や資格、趣味・能力、持ち物の提供、地域の行事協力など項目に分け、地域活動にどのような協力ができるか聞いたところ、約200通の回答があった。

参加を呼びかけ

 サポーターズへ登録する際、必ずしも何かできる必要はなく、空いた時間に少しでも手伝える人は参加してほしいという。澁谷会長は、「地域で何かやりたいけれど、きっかけがないと思っている人はぜひ参加を」と話す。

 4月中旬に実施した説明会には全3回で60〜70人が参加。現時点で登録カードに記入した人は20人ほどで、今後より働きかけを行っていく予定だ。

 澁谷会長は、「今年中に具体的な動きまで持っていきたい。何より、一人ひとりが気持ちよく住めるまちになることが大事。将来的には、サポーターズに参加している人たち自身が核となり、横のつながりができていくことが理想」と展望を語った。

 今後は、登録した人が参加できる研修会や講習会を行い、具体的な動きにつなげていきたいとしている。

 「みなみせやサポーターズ」発足会は南台ハイツB集会所で、5月17日(日)午後1時半〜。当日参加可。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

「土地利用に区民の声を」

上瀬谷通信施設返還対策協議会

「土地利用に区民の声を」 社会

横浜市に要望書

12月5日号

15年ぶりVへ、王手

横浜F・マリノス

15年ぶりVへ、王手 スポーツ

7日、日スタで最終節

12月5日号

厚労大臣表彰を受賞

三ツ境諸橋政治さん

厚労大臣表彰を受賞 社会

共同募金運動に長年尽力

11月28日号

防災3団体が50周年

防災3団体が50周年 社会

合同式典で祝う

11月28日号

児童が10周年をお祝い

瀬谷さくら小学校

児童が10周年をお祝い 教育

映像などで母校愛深める

11月21日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月21日号

いじめ認知件数、過去最多

公立小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

11月14日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク