瀬谷区版 掲載号:2015年5月21日号 エリアトップへ

11月に瀬谷公会堂で上演する創作劇「絹糸の記憶」の制作責任者を務める 山浦 和男さん 南瀬谷在住 72歳

掲載号:2015年5月21日号

  • LINE
  • hatena

「本物」に出合う体験を

 ○…瀬谷区民参加の創作劇「絹糸(いと)の記憶」の制作・企画を担当。瀬谷公会堂で11月20日と21日に行う公演に向け、目下準備中だ。今回は作・有吉朝子氏(劇団劇作家)、演出・森さゆ里氏(文学座)を招き、「一流の人に自分の才能を見てもらえる。瀬谷区の人に、本物に出合う体験をしてほしい」と熱く語る。オーディションは6月28日。「ワークショップ形式で楽しみながら行う予定。多くの人に参加してもらいたい」

 〇…演劇との出合いは磯子区の根岸中学校時代。部活動が盛んだった同校で、友人と夢中になった。「当時磯子には演劇関係の人がたくさんいてね。街で何度か上演することもあったよ」と懐かしそうな表情に。18歳から劇作家に付き、さまざまな現場を経験。裏方として手伝いながら、出演することもあった。「芝居は総合芸術。そして皆、強いこだわりがある。本物と出合えたことで、自分には才能がないと気付けた」とキッパリ。青春時代を捧げた演劇とは一旦区切りをつけ、公務員の道へと進んだ。

 〇…瀬谷区で創作劇を企画したきっかけは2001年に遡る。「アメリカで同時多発テロが発生した時、上瀬谷通信隊の警備が厳しくなり、ゲートも塞がれた。異様な感じだった」。歴史的背景など、自分が住む町について知らないことが多いと気づき、せやガイドの会や瀬谷地図くらぶの講習会に参加。会員の熱意に触れ、気持ちが動いた。「かつて瀬谷で主要な産業だった絹を通した物語を描きたい。これまでを知り、今後の土地の在り方を考えるきっかけになれば。エンターテインメントとして成功させたい」と意気込む。

 〇…退職後に始めた俳句は日記代わり。月1回の勉強会では「良い作品を出さないと、というプレッシャーがある」と笑うが、季語の美しさに魅了され、常に発見があるという。「自己表現はずっと続けて行きたい」。本番に向け、挑戦の日々は続く。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

月野 浩さん

12月15日に瀬谷公会堂で開かれる「第九メモリアルコンサート」の区民合唱団団長

月野 浩さん

橋戸在住 57歳

12月12日号

大嶽 朋子さん

瀬谷区在宅医療相談室の室長を務める

大嶽 朋子さん

瀬谷区在住 60歳

12月5日号

吉野 久さん

長屋門公園で水彩画展を開催中の「蔵の会」の代表を務める

吉野 久さん

阿久和東在住 80歳

11月28日号

谷口 康一さん

プラネタリウムや理科教室を開く瀬谷サイエンスクラブの代表を務める

谷口 康一さん

瀬谷在住 66歳

11月14日号

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月7日号

岩脇 朋夫さん

開館20周年を迎えた中屋敷地区センターの館長を務める

岩脇 朋夫さん

中屋敷在勤 62歳

10月17日号

菊本 和昭さん

NHK交響楽団で首席トランペット奏者を務める

菊本 和昭さん

旭区在住 38歳

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 12月5日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

クリスマスデコポット作り

旭 区

クリスマスデコポット作り

ジョイナステラスで14・15日

12月14日~12月15日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク