瀬谷区版 掲載号:2015年7月9日号 エリアトップへ

せや・ガイドの会 町の記録紙発行し50号 記念誌の発行も

文化

掲載号:2015年7月9日号

  • LINE
  • hatena
瀬谷の情報満載の「わがまち瀬谷」
瀬谷の情報満載の「わがまち瀬谷」

 2001年に発足以降、瀬谷の魅力を伝え続ける「せや・ガイドの会」(鈴木正志代表)。同会が年4回発行する『わがまち瀬谷』が、この7月発行で通算50号を迎えた。創刊号から50号までをまとめた記念誌も計画中だ。

 同会は1998年から3年間、瀬谷区が行った生涯学習講座が母体。講座では名所旧跡や自然を散策しながら、瀬谷の歴史を学んだ。この活動を継続しようと有志らが立ち上がり、2001年に「よこはま瀬谷探訪の会」を発足。以降、ボランティアでまち案内やウォークイベントを実施してきた。2009年4月、会の名称を「せや・ガイドの会」と改称、今年度は瀬谷区いきいき区民活動支援事業にも認定されている。

 『わがまち瀬谷』は生涯学習講座開講中の2000年に創刊。変化していくまちの風物や伝統、行事などを「まちの記録紙」として5回発行した。講座終了後もこの活動を継続、年に4回の季刊紙として発行を続けてきた。紙面はA4版、表裏2頁で瀬谷区内の公共施設などに配布している。

 表面では「瀬谷の魅どころ」と題し、瀬谷区内の神社仏閣や旧跡などを紹介。裏面には季節に合わせた花や植物をまとめた「花あっちこっち」、瀬谷の団体や街の話題を取り上げた「耳より情報」、主に区内の町や学校にスポットを当てた「まちかど」を掲載している。鈴木さんは「写真が得意な人、文章が得意な人、メンバーで手分けしながら作っています」と話す。

 毎号、区庁舎に紙面を取りに来るという女性は「知らない瀬谷の歴史が載っているのでいつも楽しみ。花の情報などもよく参考にして撮影散策に行ったりします」と語った。記念の50号を迎えたことについて鈴木さんは「今後も後世に伝え残したい瀬谷の魅力はまだまだたくさんある。会が存続する限り、号数を積み重ねていきたい」と話した。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

コロナ対策との両立を

熱中症予防

コロナ対策との両立を 社会

消防、注意呼びかけ

7月2日号

医療体制拡充に56億円

横浜市

医療体制拡充に56億円 政治

コロナ第2、3波に備え

7月2日号

県民功労者に選出

川口恭正さん(本郷)

県民功労者に選出 社会

地域の交通安全に尽力

6月25日号

風水害への備え促す

瀬谷区

風水害への備え促す 社会

リーフレットを全戸配布

6月25日号

地元団地の魅力発信

阿久和小児童

地元団地の魅力発信 社会

独自のリーフレット作成

6月18日号

七夕灯篭祭りが中止に

七夕灯篭祭りが中止に 文化

コロナの影響、12年目で初

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

    連載

    地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

    〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜第3回 住居表示の新制度で瀬谷から『字(あざ)』が消えた文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

    6月25日号

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク