瀬谷区版 掲載号:2015年7月9日号 エリアトップへ

非行少年の心に寄り添う(中) 学生視点で将来導く この連載は全3回で非行少年を正しい道へと導く活動を取り上げます

教育

掲載号:2015年7月9日号

  • LINE
  • hatena
相談員と打ち合わせをする吉田さん(左)
相談員と打ち合わせをする吉田さん(左)

 非行などの問題を抱える小中高生らに、大学生ボランティアが学習支援などを通して立ち直りを後押しする「大学生少年サポーター」制度。県内では現在16人が神奈川県警察少年相談・保護センターから委託を受け、県内8カ所にあるセンターで月1度ほど勉強を教えている。また、昨年は200回以上行った学校での非行防止教室や街頭キャンペーンにも参加している。

 「勉強を無理強いするのでなく雑談で終わることもある」と話すのは横浜国立大学に通う吉田淳さん(23)。4年前に活動を始め、小学生から高校生までの8人ほどと関わってきた。参考書を持参する子、学校や家庭の愚痴をこぼす子、個々の様子を見てペース配分をしている。「目の前のことでいっぱいの子が大半。『楽しかった』と帰れれば一歩進んだかな」。警察や家族、教師とは異なる立場で接し、長い目で将来を考えるきっかけを作ることに意味があるという。少しずつ心を開き、大学生活に興味を持つ少年の姿もあった。「合格したと手紙をもらった時は嬉しかった」と微笑む。

認めてくれる存在が必要

 非行防止教室で関わった中学校と連携し、授業に参加しない生徒を別室で学習指導することがあった。「通ううちに出迎えてくれるほどに」。教室に行かずとも別室には顔を出すようになったという。「非行少年といっても、接すると他の子と変わらない。一辺倒にならずその子を見ようと意識している」。同センターの阿部敏子所長も「少年は目を向けてくれる大人に興味を持つ。良い面を見つけチャンスを与えてくれる人と会うことが大事」と強調する。

 2006年頃から県内の少年の検挙・補導数は減り続け、昨年は5千人をきった。同制度を導入した10年前の半分以下だ。阿部所長は「県警も年約2千回の非行防止教室や薬物乱用教室で啓発に努めてきた。大学生の活動も減少の力になっている」と話した。(つづく)

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

8月の公表「厳しい」

横浜IRの実施方針

8月の公表「厳しい」 政治

林市長、記者会見で

8月13日号

住宅火災の割合増加

横浜市

住宅火災の割合増加 社会

1〜6月期157件

8月13日号

「献血にご協力を」

「献血にご協力を」 社会

16日 瀬谷駅北口広場

8月13日号

涼求め自然歩く

瀬谷水緑の健康ウオーク

涼求め自然歩く 社会

24日に市民の森へ

8月13日号

防災、動画で学ぶ

防災、動画で学ぶ 教育

市ホームページで公開

8月13日号

読書スタンプ開催中

読書スタンプ開催中 社会

区民施設協会・せや

8月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月13日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク