瀬谷区版 掲載号:2015年7月16日号 エリアトップへ

第97回全国高校野球選手権神奈川大会で始球式を務めた 稲荷 義郎さん 横浜市在住 85歳

掲載号:2015年7月16日号

  • LINE
  • hatena

白球(きぼう)追いかけた青春時代

 ○…第30回(1948年)大会で優勝し、戦後初の県代表として甲子園に出場した浅野高のキャッチャー。高校野球100年、戦後70年にあたる節目の大会での抜擢に、「冥土の土産だ」と照れ臭そうに微笑む。当時3年生、最初で最後の神奈川大会。田中進投手とのコンビネーションで開成高(当時)の打線を封じ、3対1で優勝を掴み取った。「本来ならば、始球式で田中とバッテリーを組めれば良かった。この歳になると、仲間はほぼ残っていないね」

 ○…青木小を卒業したのち浅野中へ進学するも、学徒動員として東神奈川の軍需工場で働く日々を送った。45年5月29日、焼夷弾の黒煙であたり一面暗闇と化した横浜大空襲。「炎から逃れようと、近くの運河へ飛び込んだ」と命からがら中区から台町の自宅へ戻ったが、生まれ育った家は跡形もなくなっていた。

 ○…終戦後、講堂以外が焼け野原となった学校で、「”何もないから野球でもしようか”と、自然と生徒たちが集まった」。グラウンドに刺さった焼夷弾を取り除き、新制高校13人が野球部として活動を再開。毎日夜遅くまで白球を追いかけ、日中の授業では居眠り。落第しかけるほどだったが、「(あの時代にやれることは)野球しかなかった」と懐かしむ。汽車に乗って片道8時間かけて臨んだ甲子園は初戦で涙をのんだが、皆があこがれる夢の舞台に立てたのは感激だった。

 ○…早稲田大ではボートに転向。ミットをオールに持ち替えた。現在は中高生などのボート指導にあたる傍ら、毎年母校を応援しに球場へ足を運ぶ。一度は始球式の依頼を断ったが、OB会の後押しがあり、母校のユニフォームも特注してくれた。「練習したら腰を痛めちゃって。当日は投げるので精一杯だった」と笑う。先月母校を訪れた際には「一つでも二つでも、勝つことで喜びがあるはずだ」と後輩たちにエールを贈った。「(出場する高校球児には)全力を尽くしてほしい」

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

籾山 孝明さん

瀬谷区剣道連盟の会長に就任した

籾山 孝明さん

北新在住 72歳

7月9日号

長谷川 成人(しげと)さん

横浜瀬谷ロータリークラブの新年度の会長に7月1日付で就任した

長谷川 成人(しげと)さん

本郷在住 48歳

7月2日号

小野 航平さん

横浜市初のプロアイスホッケーチームとなった横浜GRITSでGKを務める

小野 航平さん

瀬谷区出身 31歳

6月25日号

岩崎 美代子さん

5月に横浜美術協会の会長に就任した

岩崎 美代子さん

神奈川区在住 76歳

6月18日号

小松 巧さん

WEB介護相談など新しい事業に取り組む(株)ひとはなの代表取締役

小松 巧さん

阿久和西在勤 40歳

6月11日号

籾山 喜代次(きよじ)さん

瀬谷区陸上競技協会の会長に就任した

籾山 喜代次(きよじ)さん

橋戸在住 82歳

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク