瀬谷区版 掲載号:2015年7月16日号 エリアトップへ

若宮八幡宮 手水舎が新築に 地元の宮大工が協力

文化

掲載号:2015年7月16日号

  • LINE
  • hatena

 上瀬谷町にある若宮八幡宮で6月28日、地域住民らが参加して落慶式が行われ、新しく作られた手水舎が披露された=写真。

 若宮八幡宮は、室町時代末期の永禄年間(1558〜1569年)、岩崎丹後守によって創建されたとされる。本殿は権現造り。別名「ごちゃごちゃ稲荷」とも呼ばれている(せや・ガイドの会著「ふるさと瀬谷の探訪」より)。1968(昭和43)年には、背後を通る東名高速道路の建設により、社殿が現在地に移築された。

地域住民ら180人が寄付

 手水舎は、「てみずや」「ちょうずや」などと呼ばれ、拝礼の前に手を洗って口をすすぎ、身を清める場所。以前の手水舎は明治から大正時代初期に建てられたといい、同宮の総代である岩崎克夫さんは「かなり老朽化していて、屋根は台風の影響ではがれるなど、みすぼらしい状態だった」と話す。通行する人もいるため、怪我人が出ないよう、新築を提案。昨年9月頃から準備を始めた。

 手水舎に使用するケヤキの木を調達するため、かかった時間はおよそ半年。建築には、地元上瀬谷町の宮大工が協力した。地域住民など約180人から寄付が集まり、それらが費用に充てられ、「予定よりも立派な資材で作ることができた」と岩崎さんは話す。

 落慶式当日は、司祭の橋田嘉紀宮司をはじめ、氏子など関係者らが出席。新築の手水舎が披露された。岩崎さんは「皆さんの評判も良い」と生まれ変わった手水舎に喜びもひとしお。9月12日、13日の秋の祭礼で改めて地域住民らに見てもらう機会を作ることにしている。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

「省プラ生活」発信

横浜市

「省プラ生活」発信 社会

企業製品などSNSに

7月2日号

WEBでアジサイ観賞を

瀬谷区

WEBでアジサイ観賞を 社会

HPに写真や動画

7月2日号

5カ月ぶりの散策行事

水緑ウォーク

5カ月ぶりの散策行事 スポーツ

7月下旬に都筑区で

7月2日号

子どもの支援団体を募集

子どもの支援団体を募集 社会

共同募金会の物資提供先に

7月2日号

7月末まで休館延長

7月末まで休館延長 教育

区内4カ所のコミスク

7月2日号

「新しい社会の形」 追求を

特別インタビュー

「新しい社会の形」 追求を 社会

県医療危機対策統括官の阿南医師

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

    連載

    地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

    〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜第3回 住居表示の新制度で瀬谷から『字(あざ)』が消えた文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

    6月25日号

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク