瀬谷区版 掲載号:2015年7月16日号 エリアトップへ

瀬谷駅南口第1地区 再開発都市計画が決定 2018年度末、完成予定

経済

掲載号:2015年7月16日号

  • LINE
  • hatena
再開発事業の位置図(上)と完成イメージ
再開発事業の位置図(上)と完成イメージ

 横浜市は7月3日、瀬谷駅南口周辺の再開発事業を行う都市計画決定を発表した。市街地再開発準備組合が事業計画の作成などを行う。18年度には商業施設などができる予定。

 「瀬谷駅南口第1地区第一種市街地再開発事業」の対象地域は瀬谷駅前交番付近の道路から環状4号線まで約1・0ha。再開発ビルや都市計画道路などを整備し、「魅力あるヨコハマの西の玄関口の形成」を目指す。

 敷地面積5300平方メートルの再開発ビルには、商業施設や都市型住宅、区民文化センターなどが入る予定。駅前広場にはバスやタクシー、一般車が乗り入れる都市計画道路を整備するほか、再開発ビル2階と駅の南北自由通路を接続する歩行者用デッキを整備。店舗開発を進め、賑わいを創出する。

防災性が課題

 再開発事業の最初の一歩として、「瀬谷駅南口街づくり協議会」が発足したのは1991年8月。当時の対象区域は約30haだったが、地域住民の反対などもあり、99年3月には約2・3haに縮小した。2010年7月、「瀬谷駅南口第1地区第1種市街地再開発準備組合」(川口安徳理事長)が発足。同時に、対象区域が約1haに決定した。12年5月に同組合が開発構想書を市に提出し、昨年9月、都市計画手続が開始。そして、今年7月3日、市から都市計画の決定を受けた。

 同地区は、木造の低層店舗兼住宅などが密集し、火災の危険性が高い。避難場所を確保するなど、防災性の向上が求められる。さらに、歩行者と車両が分離されていない幅の狭い道路が多く、交通安全の面でも課題がある。駅前広場の整備や道路両側に歩道を設けるなど、同組合では「交通結節点の機能を強化していきたい」としている。

 川口理事長は「(都市計画決定で)ようやく本格的に動き出した」と話し、市から組合設立の認可を得るため、事業計画の作成などを行っていく。建築工事着手は17年度、工事完了は18年度末の予定だ。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

目標はパラ五輪出場

日向楓さん(瀬谷中2年)

目標はパラ五輪出場 スポーツ

標準記録の突破目指す

11月14日号

いじめ認知件数、過去最多

公立小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

11月14日号

県ベスト介護20を受賞

特養 愛成苑

県ベスト介護20を受賞 社会

開設10周年の節目に

11月7日号

スポーツ功労者に選出

小林秀行さん(本郷)

スポーツ功労者に選出 スポーツ

卓球に情熱注ぎ65年

11月7日号

30年前の作品に再会

瀬谷区出身の宮川夫婦

30年前の作品に再会 社会

区制50周年式典で

10月31日号

オリックス 育成1位指名

横浜隼人の佐藤一磨投手

オリックス 育成1位指名 スポーツ

プロ野球ドラフト会議で

10月31日号

50周年記念日に文化祭

瀬谷区文化協会

50周年記念日に文化祭 文化

特別企画で節目に華

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク