瀬谷区版 掲載号:2015年7月30日号 エリアトップへ

横浜隼人高女子卓球 10年連続10回目の全国へ 周囲の支えを糧に

スポーツ

掲載号:2015年7月30日号

  • LINE
  • hatena
笑顔でポーズを取るメンバー
笑顔でポーズを取るメンバー

 横浜隼人高校=阿久和南=の女子卓球部が、10年連続10回目の全国高校総体(インターハイ)に挑む。大会は8月9日〜14日、滋賀県立体育館で行われる。

 6月14日、20日に行われた高校総体神奈川県予選の学校対抗で、同校は6年連続9回目の優勝を果たした。

 団体戦はシングルス2試合、ダブルス1試合、シングルス2試合の順で行う。1試合3セット先取制で、先に3試合を制した方の勝利となる。同大会決勝リーグは4校総当たり戦。同校は3対0で勝利し、頂点に立った。5月24日に行われたシングルスの結果、笹尾明日香さん(1年)、杉本恵さん(1年)、三浦萌香さん(2年)、宇田衣里那さん(3年)が全国出場を決めた。ダブルスでは、優勝した宇田さん・松井遼主将(3年)ペアを始め、林茜さん(2年)・三浦さんペア、杉本さん・松井桃華さん(1年)ペアの3組が出場する。

 松井主将は「県大会は1セットも落とさず勝つつもりだったので悔しい」と話し、「インターハイではベスト4を目標に、全国優勝も狙っていきたい。10年間、先輩たちが築いてきたものを受け継ぎ、一丸となって戦う」と意気込みを見せた。

「これからの隼人を作る」

 10年の歩みは平坦なものではなかった。練習場所の体育館は、窓を開けると砂が入って床が滑るため、頻繁に掃除を行った。さらに同校には寮がなく、多くの部員が遠方から通学。限られた時間の中で努力を積み重ねた。「与えられた環境の中で、少しずつ良くしてきた」と小林秀行コーチ。「全国に出るだけではダメ。10年連続は嬉しいことだが、20年、30年と続いている学校もある」とし、上を目指す姿勢を崩さない。

 岸昌宏監督は「先輩たちの努力や思い、父兄の皆さんの協力など、関わってくれたすべての人のおかげ」と感謝を述べ、「この10年を土台に、これからの隼人を作っていかなければいけない」と気持ちを引き締めた。

 同校では8月1日(土)、壮行会を実施する。1部の式典で選手が決意を述べた後、2部では中国の楽器「二胡」による激励演奏が行われる。午後0時40分受付、1時開会。会場は同校3号館2階体育館。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

「土地利用に区民の声を」

上瀬谷通信施設返還対策協議会

「土地利用に区民の声を」 社会

横浜市に要望書

12月5日号

15年ぶりVへ、王手

横浜F・マリノス

15年ぶりVへ、王手 スポーツ

7日、日スタで最終節

12月5日号

厚労大臣表彰を受賞

三ツ境諸橋政治さん

厚労大臣表彰を受賞 社会

共同募金運動に長年尽力

11月28日号

防災3団体が50周年

防災3団体が50周年 社会

合同式典で祝う

11月28日号

児童が10周年をお祝い

瀬谷さくら小学校

児童が10周年をお祝い 教育

映像などで母校愛深める

11月21日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月21日号

いじめ認知件数、過去最多

公立小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

11月14日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク