瀬谷区版 掲載号:2015年8月20日号
  • googleplus
  • LINE

困難極めた引揚の道程 阿久和南 平木実子さん

社会

穏やかに語る平木さん
穏やかに語る平木さん
 満州で生まれ、5歳までを満州で過ごした平木実子さん。その後も技術者の父親に付き添い、一家で日本や朝鮮など各地を行き来し、引揚を経験した。

 終戦を迎えたのは数え年で15歳、朝鮮の公立高等女子師範学校に通っていた時のことだった。他の生徒たちと玉音放送を聞き、「皆、何なに?となった。私たちはどうなるの?と言い合った」と当時の不安に満ちた様子を思い返す。

 日本の敗戦が分かると、中国や朝鮮半島に移住していた日本人は引揚を行った。平木さんも両親、兄、妹とともに脱走を実行。しかし、8月9日、ソ連軍が朝鮮半島北部に侵攻したことによって北緯38度線が境界線と定められ、周辺が封鎖。人々の南下には困難が伴った。「日本人と分かったら殺される」。極度の恐怖と戦いながら、ソ連兵などに見つからないよう山道を慎重に進んで行ったが、兄の知人は銃弾を受け亡くなった。北緯38度線に辿り着いた後も1週間ほど周辺をさまよい続けたという。監視の目をくぐって38度線を越え、海水に浸かりながら何とか船に乗り込み、朝鮮を後にした。

 10月15日、福岡県の博多港へ到着。全員赤痢の検査が必要だったため、上陸を止められた。「早く日本の土を踏みたいと強く思った」と振り返る。帰国後、平木さんは家計を助けるため、警察署で働いた。

 困難を極めた道程は、未だに薄れることはない。ある時、偶然通りかかった中学生に戦争体験の話をすると、じっくり聞き入ってくれたという。「先だけを見るのではなく、国の足下を」。そんな思いが70年経った今、平木さんにはある。

大成祭典 希望が丘葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク