瀬谷区版 掲載号:2015年8月20日号
  • googleplus
  • LINE

バランス取って、いざ前進 境川で手作り筏(いかだ)遊び

文化

 瀬谷区で活動する「かっぱの会」(奥津敏雄会長)による筏遊びが7月31日と8月1日、境川の中島橋付近で行われ、夏休み中の子どもたちで賑わった。

 今年で4回目となるこの筏遊びは、「郷土の川に親しんでもらいたい」という同会の思いで続けられている。

 ライフジャケットを着た参加者が順番に筏に乗り込むと、同会メンバーの指導でゆっくり進水。竹竿を持ち、バランスを取りながら漕ぐ姿も見られた=写真。

 大門小学校2年の桐澤真尋君、小池正良君、山崎瑛太君の3人は、「水面が近くて涼しかった」「また来年も来たい」と満足げな表情で感想を話した。

 奥津会長は、「自分が子どもの頃はよく境川で泳いだ。この辺にはかっぱの伝説も。自然に触れるきっかけになれば嬉しい」と笑顔で話していた。

大成祭典 希望が丘葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク