瀬谷区版 掲載号:2015年8月27日号 エリアトップへ

プレミアム商品券 利用開始でセレモニー 実行委、消費喚起に期待

経済

掲載号:2015年8月27日号

  • LINE
  • hatena
テープカットする渡辺委員長ら(右から2番目)
テープカットする渡辺委員長ら(右から2番目)

 「よこはまプレミアム商品券」の引換販売および利用開始を記念して8月21日、西区のマークイズみなとみらいでオープニングイベントが行われた。発行者の実行委員会委員長を務める渡辺巧教副市長をはじめ、経済局や市商店街総連合会、商工会議所の関係者らが出席し引換販売を祝った。商品券の利用期間は12月31日まで。

 式典であいさつに立った渡辺実行委員長は「今回の商品券は約115億円で大阪市に次ぐ全国2番目の規模。市内約1万店舗で利用が可能です」と市内の消費喚起に期待感を示した。

 式典では、当選者代表としてみなとみらい在住の新庄夫妻が招待された。夫の英正さん(67)は「経済活性化の一助になれば」と2万円分を応募し当選。妻の洋美さん(68)は「日用品購入に使いたい。2割のプレミアム分はうれしい」と笑顔で話していた。

 マークイズでは21日から3日間、商品券参加店舗による「よこはま物産展」も開催。火山活動の影響を受けている箱根応援ブースとして箱根町の特別出店ブースも設けられた。

2次応募の可能性も

 よこはまプレミアム商品券は発行総数96万冊。1冊1万円で2千円相当の割り増し分が付く。約21万3千人から応募があり、当選者数は約15万4千人、当選倍率は1・38倍だった。経済局では「引換されず商品券が残った場合は、2次応募も検討したい」と話している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

時間短縮や人数制限

市民利用施設

時間短縮や人数制限 社会

緊急事態宣言受け

1月14日号

男性不妊動画で学ぶ

瀬谷消防署が中学で初の防災教室

【Web限定記事】プレイバック瀬谷㉚

瀬谷消防署が中学で初の防災教室 社会

13年10月を振り返る

1月14日号

出演グループを募集

【Web限定記事】昼ドキイベント・せや

出演グループを募集 文化

2月5日(金)締め切り

1月14日号

IRの事業説明会

【Web限定記事】横浜市

IRの事業説明会 社会

2月と3月に計6回

1月14日号

IR住民投票案を否決

横浜市会

IR住民投票案を否決 政治

自民・公明が反対

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク