瀬谷区版 掲載号:2015年8月27日号
  • googleplus
  • LINE

水辺の生物に興味津々 あづまの幼稚園に「水族館」

教育

ケースを覗き込む子どもたち
ケースを覗き込む子どもたち
 水辺の生き物を身近に感じてもらおうと、「ふれあい移動水族館」が8月20日、学校法人鎌田学園あづまの幼稚園(鎌田千恵子園長)で行われた。

 これは、川崎市多摩区を拠点に活動するNPO団体に依頼し、同園が10年ほど続けている行事。年少から年長までの全園児と、卒園生も参加した。

 当日はあいにくの雨模様だったが、玄関先に並べられた観賞用のケースや大きなプールを前に子どもたちは興味津々。今回はコイやナマズ、フナ、金魚、ザリガニなどのほか、普段は砂漠に生息し、子どもが乗れるほどの大きさの「ケヅメリクガメ」が用意された。

 最初はケースから離れて眺めていた子どもたちが、スタッフに「触ってごらん」と促されると恐る恐る手を伸ばす姿も。そして、慣れて来ると積極的に生き物を手に乗せたり魚をつかんだりするなど、歓声を上げながら夏休みの一日を楽しんでいた。

 移動水族館は、天候に左右されず、アレルギーや喘息の心配もないとされているため、幼稚園や保育園などで実施することが多いという。同団体は、「生き物に直接触って、遊びの中から命を少しでも感じてもらえれば」と話した。

大成祭典 希望が丘葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク