瀬谷区版 掲載号:2015年8月27日号 エリアトップへ

夏季果樹持寄品評会で優秀賞を受賞した 石川 知成さん 橋戸在住 33歳

掲載号:2015年8月27日号

  • LINE
  • hatena

梨作りは地道に、泥臭く

 ○…「今回の受賞はたまたま。自分は父が選んできてくれた梨の色味や大きさを見た程度」と控えめに語る。今年3月から就農し、実家の梨園で働き始めた。JA横浜主催で8月19日に行われた夏季果樹持寄品評会に初参加し、「幸水」を出品。全127点(梨89点・ぶどう38点)の中から、優秀賞7点のうちの一つに選ばれた。「新聞で結果を知り、驚いた。とても励みになる」と笑顔を見せた。

 〇…実家が梨園を始めたのは、自身が中学生の頃。同時期に始め、大学まで続けた剣道の練習の傍ら、手が空くと直売所での販売や、草取りを手伝ったこともあった。「一度社会に出ることで、広い視野を身に付けたい」との思いから、大学卒業後は愛知県の自動車メーカーに就職。品質管理を行う仕事に就いた。サラリーマンを辞め、実家の梨園を継ぐことにした経緯を「時期が来たため」とサラリ。現在は雑用を中心に、父親の指導の下で、少しずつ勉強中だ。

 〇…「ものづくりにはプロセスがある。形として世に出すまで、その間の管理が大事」。これまでやってきた仕事と梨作りに共通項を見出す。さらに、重要視するのは日記をつけること。毎日記録することで小さな変化にも気付けるといい、その記録が積み重なって次の梨作りに生かすことができる。ポイントは「地道に、泥臭くやること」だ。8月は多忙な時期。収穫した梨は翌日直売所に並べるが、早い時は30分〜1時間ほどで売り切れる。浜なしのブランドについて「責任もあるが、そうやって意識することが大事だと思う。自分がおいしいと思える梨を作りたい」と意気込む。

 〇…「1歳の息子と唯一遊べる」雨の日は大事な休息日。多忙な日々のリラックス法の一つだ。当面の目標は「父から教えられたものを一つの基礎として、自分のオリジナルを見つけること」。伝統を守りながら、自分らしい梨作りに向き合っていく。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

馬場 勝己さん

瀬谷さくら小学校の「学援隊」の隊長を務める

馬場 勝己さん

泉区在住 78歳

1月14日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月7日号

松下 洋さん

全国での演奏活動やYouTubeでの動画配信などを展開するサックス奏者

松下 洋さん

阿久和東在住 33歳

1月1日号

高橋 トミさん

瀬谷区文化協会が主催した花づくりの体験講座の講師を務めた

高橋 トミさん

三ツ境在住 79歳

12月24日号

宍戸 清信(せいしん)さん

書家「宍戸 煬竹」として活躍する

宍戸 清信(せいしん)さん

下瀬谷在住 70歳

12月10日号

平本 秀真(ほずま)さん

瀬谷小学校の130周年行事実行委員会の実行委員長を務める

平本 秀真(ほずま)さん

相沢在住 39歳

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク