瀬谷区版 掲載号:2015年10月15日号 エリアトップへ

瀬谷区女性地域安全委員会 内閣総理大臣表彰を受賞 きめ細やかな活動を評価

社会

掲載号:2015年10月15日号

  • LINE
  • hatena
賞状を持つ石井会長と楯を持つ清水前会長
賞状を持つ石井会長と楯を持つ清水前会長

 瀬谷区女性地域安全委員会(石井美華会長)が10月5日、地域社会における防犯活動の推進において特に顕著な功績・功労があったとして内閣総理大臣から表彰を受けた。防犯に関する女性ならではの視点・特色を生かしたきめ細やかな活動が評価されての受賞だ。

 同会は1982年、町内会などから選出された女性で発足。登下校時の見守りや夕刻時に公園周辺をパトロールするなど、児童の安全対策に取り組んできた。

 発足6年目から20年以上、会長を務めた清水靖枝さんは、地域の防犯意識を高めようとさまざまなイベントを企画。防犯クイズを取り入れたウォークラリーやミニコンサート、寸劇などを区内各所で実施、啓蒙活動に尽力した。また、警察から配信される情報をもとに「防犯だより」を年に2、3回発行。住民への情報提供も図っている。

 04年には県レベルで女性防犯団体の連携を図ろうと呼び掛け、「神奈川県女性防犯連絡協議会」の発足に携わった。11年に振り込め詐欺被害防止活動の象徴として発案した「グリーンリボン」は現在、犯罪被害防止活動の象徴として広く県内に普及している。同会の33年間の防犯活動が、安全・安心なまちづくりに大きく貢献したと認められ、今回の表彰となった。

 受賞に際し石井会長は「前会長の清水さんのお力と、今まで委員を務めてきた先輩方のお陰です」と感謝の言葉を述べた。前会長の清水さんは「大勢の人の思いや力がようやく認められた。今後も犯罪を未然に防げるよう、地域の人たちと一緒に活動を続けていきたい」と話した。

前会長清水さんに防犯栄誉金章

 清水さんは9月24日、長くにわたり地域の安全活動に尽力した人に贈られる「防犯栄誉金章」も受賞している(主催/警察庁ほか)。清水さんは「たまたま私の名前で賞状をもらっただけ。一緒に活動してくれた周りの人たちの力。これからも人とのつながりを大事にしていきたい」と語った。区内からほかに、瀬谷区防犯指導員連絡協議会副会長の森下道彦さんが銅章に選ばれている。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

学校合奏コンで全国銀

南瀬谷中吹奏楽部

学校合奏コンで全国銀 文化

3チームそろい踏み

11月19日号

防護服500着を寄附

(株)竹虎(卸本町)

防護服500着を寄附 社会

救急隊員のコロナ対策に

11月19日号

「別れ」支える冊子発行

介護者支援団体

「別れ」支える冊子発行 社会

遺族向けに作成

11月12日号

全国推進組織が発足

全国推進組織が発足 社会

27年の国際園芸博に向け

11月12日号

瀬谷ゆかり2投手に指名

瀬谷ゆかり2投手に指名 スポーツ

プロ野球ドラフト会議

11月5日号

事業のオンライン化推進

市内ケアプラ等

事業のオンライン化推進 社会

全館にWi−Fi整備へ

11月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク