瀬谷区版 掲載号:2015年10月22日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川インフォーマルサービス 「絵本で人をつなげたい」 三ツ境と阿久和で貸出

社会

「空飛ぶ絵本」の絵本選択画面
「空飛ぶ絵本」の絵本選択画面
 インターネットで絵本を注文すると、無料で自宅まで届けてくれる―。三ツ境と阿久和で、NPO法人神奈川県インフォーマルサービス(石井直勝理事長)による絵本貸出サービス「空飛ぶ絵本」が始まって約1カ月。次第に取り組みが広がっている。

 「空飛ぶ絵本」は、三ツ境・阿久和地域に住んでいる人なら誰でも利用可能なサービス。瀬谷区地域活性化事業として、今年9月から同法人が運営している。専用サイトから好きな絵本を2冊選ぶと木曜日に自宅へ届き、翌週の火曜日に玄関先に置いておくと、スタッフが回収してくれる仕組みだ。

 「『本当に届くと思わなかった』という言葉をもらうこともあります」と笑って話す石井理事長。同法人は、手づくり朝市や健康歌声サロン、情報誌「地域のチカラ」の発行など、地域のコミュニティを支える活動をしている。瀬谷区は石井理事長が子ども時代を過ごした場所。ある時、朝市の会場となっている新聞販売店から、何か地域活動ができないかと持ちかけられ、以前から注目していた絵本のレンタルを思いついた。「販売店の配達ネットワークを生かせば、絵本を通して人をつなげることができる」。提供する絵本は、福音館書店に協力を仰いだ。学生ボランティアも企画から加わり、形になっていった。

 当初は周りから不安の声もあったというが、リピート率も高く、手応えを感じていると語る石井理事長。「絵本が読みたくても経済的な事情などで読めない人にも届けたい」と意気込む。今後は、ラインナップの充実や、読み聞かせの開催も実施したいとしている。

「私設図書館」として表彰

 大阪府立大学で10月3日、「マイクロ・ライブラリーサミット2015」が行われ、全国的にも珍しい活動だとして「空飛ぶ絵本」が表彰された。これは、小規模の私設図書館に携わる人たちが情報を共有しようと開催しており今年で3回目。石井理事長は「嬉しさと、まだ早いのではと恐縮する気持ちの両方がある。もっと広げていきたい」と話した。

受賞の楯を持つ石井理事長
受賞の楯を持つ石井理事長

4/27家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

「市政を大胆に前進」

瀬谷の「なでしこ」躍動

高校なぎなたで全国一

瀬谷在住中村優太さん

高校なぎなたで全国一

4月12日号

包括ケア構築へ、区が指針

少年サッカーの拠点へ

瀬谷みはらし公園

少年サッカーの拠点へ

4月5日号

外国人に「災害予防」を啓発

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

勇ましい五月人形を展示

勇ましい五月人形を展示

長屋門で5月8日まで

4月12日~5月8日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク