瀬谷区版 掲載号:2015年10月22日号 エリアトップへ

INASグローバル競技大会のバスケットボール日本代表として銀メダルを獲得した 白川原 飛鳥さん 旭区在住 22歳

掲載号:2015年10月22日号

  • LINE
  • hatena

周り笑顔にする「個性」

 ○…「悔しかった。次はオーストラリアに勝ちたい」。4年に一度の世界大会で銀メダルを獲得した感想は、満足感ではなく、次大会への意気込みだった。FID(知的障害)バスケットボールの日本代表として同大会に出場するのは2回目。チーム最年少でメンバー入りした前大会と違い、今大会は自分より若い選手が増えた。「チームの中堅として、仲間に気を配る責任も感じた大会でした」

 ○…バスケとの出合いは小学3年生の時。「兄が参加していたミニバスチームが、メンバー不足だったため、入部したのが始まりでした」。その後、旭区内の中学、瀬谷区の二つ橋高等特別支援学校へ進学。学生時代はバスケ部で汗を流した。バスケに夢中になる理由を「チームで試合に勝った時の嬉しさ」だと笑顔で語る。スポーツとしての魅力だけでなく、コートにいる仲間の存在がバスケを続けていく上で何より大きい。

 ○…光るような笑顔の陰には、いくつもの辛かった過去がある。母親のお腹から出てきたとき、顔全体の矯正手術が必要な状態だった。長い治療期間の中、「いつになったら本当の私になれるの」と悩む日々が続いた。高校1年までに計5回にも及ぶ手術を乗り越え、やっと出会えた「本当の私」に今は胸を張る。さらに、2歳のときには知的障害を診断された。中学時代は、いじめを受け「部活を辞めたいと思った」ことも。それでも、負けず嫌いな性格と、支えてくれる家族からの応援が、自身を前に走らせる力をくれた。現在は、新横浜にある企業の特例子会社に勤務しながら、FIDバスケの社会人チームに所属する。

 ○…休日は友達と遊園地やカラオケで息抜き。以前に感じていた「なんで自分は障害を持っているのだろう」という疑問も、今では「それを含めて自分の個性」とすべて受け入れ毎日を楽しむ。「私は私」。そう言い切る彼女の姿には、周りの人を笑顔に変える力がある。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

悠木 真湖さん(本名:加治真知子さん)

歌手生活15年を迎え、11月3日に瀬谷公会堂で「うた秋まつり」を開く

悠木 真湖さん(本名:加治真知子さん)

三ツ境在住

10月28日号

宮崎 和之さん

瀬谷区美術協会の初代会長を務める

宮崎 和之さん

橋戸在住 55歳

10月21日号

高木 秀明さん

相鉄線大和駅・瀬谷駅・三ツ境駅の駅長を務める

高木 秀明さん

泉区在住 49歳

10月14日号

高橋 正幸さん

パーキンソン病と闘いながらウクレレ演奏などの地域ボランティアに励む

高橋 正幸さん

下瀬谷在住 75歳

10月7日号

小川 肇さん

10月2日・3日に瀬谷公会堂で文化祭を開く瀬谷区文化協会の会長

小川 肇さん

下瀬谷在住 77歳

9月30日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長に新たに就任した

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

9月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月28日0:00更新

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook