瀬谷区版 掲載号:2015年10月29日号
  • googleplus
  • LINE

「心臓の音、聞こえた」 原小で飼育指導

教育

うさぎの心音に耳を澄ませる児童ら
うさぎの心音に耳を澄ませる児童ら
 原小学校(桃井陽子校長)では10月6日、久松動物病院の久松紘一院長が訪れ、学校飼育動物の世話について5・6年生の児童らに指導を行った。

 これは瀬谷区獣医師会(小林宏会長)によるもので、区内各小学校で順次指導を行っている。ニワトリ5羽、うさぎ1羽を飼育中の同校では、飼育委員が曜日ごとに交代で餌やりや日誌を記入しているという。

 児童らは、聴診器でうさぎの心音が聞こえるか体験。最初は音を聞き分けることに苦戦していたが、「やっと聞こえた」「ドクドクして速い」など初めて聞く心音に感動していた。

 久松院長は児童らの質問に答えながら、「動物の様子がいつもと違うことに気付けるかが大事。普段からよく見ておくこと」とアドバイス。

 桃井校長は、「飼育動物を通して命の重さや生と死を知ることができる。正しい育て方を学べる貴重な機会」と話した。

4/27家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

勇ましい五月人形を展示

勇ましい五月人形を展示

長屋門で5月8日まで

4月12日~5月8日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク