瀬谷区版 掲載号:2015年10月29日号 エリアトップへ

ラグビー人気、再燃目指し(中) 競技者増へ環境整備が鍵

スポーツ

掲載号:2015年10月29日号

  • LINE
  • hatena

 タックルの代わりに相手の腰に付けたタグ(ビニール製のリボン)を取る「タグラグビー」。日本ラグビーフットボール協会は、競技者獲得の入り口になればと普及を推進している。

 同競技は激しい接触プレーがない分、怪我の心配も少なく、性別や年齢に関わらず誰でも楽しめる。体格差に関係なく誰もが平等に活躍の機会を得られるというのも特徴だ。そういった点などが評価され、横浜市では2001年度に全国に先駆けて「横浜市小学校教育課程編成の指針」に同競技を例示。11年度には文部科学省の定める「小学校学習指導要領解説(体育編)」にも例示された。これを受け体育教育の一環として小学校でタグラグビーが導入されるようになった。

 教育現場では、市内小学校の教員が中心になって、「横浜市立小学校タグラグビー交流会」が発足した。04年から年に一回、大会を開催。5回大会から横浜スタジアムで熱戦が繰り広げられている。参加者数は開始当初は420人だったが、近年はその倍以上の約1000人前後で推移している。同交流会実行委員長を務める大正小学校(戸塚区)の福浦秀一校長は、「子どもたちは一生懸命取り組んでいる。ほかの学校からタグラグビーに関しての問い合わせもある」と話す。

選手取り巻く課題も

 だが一方で、「横浜ラグビースクール」ジュニアチームの井ノ口昌吾監督は、「タグラグビーとラグビーは別の競技。タグの経験がきっかけでラグビーを始めた子は、ほとんどいないのが現状」と話す。現在、同スクールに所属する子どもの多くが、ラグビー経験者の家族や知り合いを持ち、それがラグビーを始めるきっかけになっているという。

 さらに井ノ口監督は、中学校でラグビー部のある学校が少ないことに触れ、学校では別の部活に所属しながらスクールに通う子どもも多いと話す。「『スクールでラグビーをするため土日の部活を休むと内申点が下がってしまう』と言ってラグビーをしたくてもやめてしまう子もいる」と選手の練習環境や、周囲の協力不足を課題として語る。競技者を増やすために、環境整備が急務だ。  (つづく)

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

時間短縮や人数制限

市民利用施設

時間短縮や人数制限 社会

緊急事態宣言受け

1月14日号

男性不妊動画で学ぶ

瀬谷消防署が中学で初の防災教室

【Web限定記事】プレイバック瀬谷㉚

瀬谷消防署が中学で初の防災教室 社会

13年10月を振り返る

1月14日号

出演グループを募集

【Web限定記事】昼ドキイベント・せや

出演グループを募集 文化

2月5日(金)締め切り

1月14日号

IRの事業説明会

【Web限定記事】横浜市

IRの事業説明会 社会

2月と3月に計6回

1月14日号

IR住民投票案を否決

横浜市会

IR住民投票案を否決 政治

自民・公明が反対

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク