瀬谷区版 掲載号:2016年1月21日号 エリアトップへ

瀬谷第二小、50年の歩み 23日に記念式典

教育

掲載号:2016年1月21日号

  • LINE
  • hatena

 瀬谷第二小学校(高野令子校長)=橋戸2の41の1=が開校したのは1966年(昭和41年)。戦後、瀬谷区には県営・市営住宅が多数立ち並び、瀬谷小学校に通う児童が増加、教室が不足するなどの事態になった。そこで周辺住民らが声を上げ、現在の場所に南棟8教室が完成したのが同年1月27日(創立記念日)のこと。そして9月1日、教職員21人、16学級、児童数666人で同校はスタートした。

 校章は67年(昭和42年)、地域住民からの応募で制定。「源氏ゆかりの地であること」「左馬社の紋所」などの意味合いから、ささりんどうの図案が選ばれた。その後、68年〜69年の間に体育館、給食室、プールなどが次々と完成し、学校環境が整えられていった。校歌よりも先に「児童歌」ができたというのも同校の特徴。3番まであるこの歌は、子どもたちをはじめ、地域住民や教職員らから広く募集されたもの。最終的には投票で決定した。今も運動会で「児童歌体操」として親しまれている。

 PTA活動の一つとして毎年実施されている「キャンパスファイヤー」の第1回目が開催されたのは89年(平成元年)。「親と子・地域とのふれあい」をテーマにさまざまなイベントを企画。キャンプファイヤーを囲み、親子がともに楽しむ機会として定着している。

50周年記念行事、続々

 同校では創立50周年という節目を記念し、昨年から活動を開始。記念キャラクター「フィフティバード」は周年企画の至るところに登場する人気者だ。また同年5月には航空写真を撮影。校庭に図案を描き、児童らがカラフルなエプロンを着て挑み、見事撮影に成功した=写真。9月には児童らの意見が採用され、バルーンフェスティバルを実施。1000個の風船は各地へ飛び、遠くは千葉県などからも返事が届いたという。このほか、1・2期生をはじめ卒業生が集まり校歌を歌うというミュージックビデオ撮影会も行った。

 今後は23日(土)に記念式典・祝賀会、29日(金)に同校出身力士の濱豊公希さんが訪れ、50周年を祝う予定だ。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.k-kubo.yokohama/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

藤村氏が出馬表明

横浜市長選

藤村氏が出馬表明 政治

IR誘致の市政批判

4月8日号

港巡り歴史学ぶ

せや・ガイドの会

港巡り歴史学ぶ 文化

17日に散策行事

4月8日号

区民の定住意向7割超

市民意識調査

区民の定住意向7割超 社会

市全体を上回る

4月8日号

知的財産活用し企業支援

横浜銀行

知的財産活用し企業支援 経済

テレ東関連会社と協業で

4月8日号

住・商の平均価格が下落

区内地価

住・商の平均価格が下落 社会

工業地は上昇

4月8日号

日本語ボラ、始めの一歩

日本語ボラ、始めの一歩 教育

区が入門講座

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク