瀬谷区版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

インフルに注意 区内でも患者増加

社会

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は市内でインフルエンザの報告数が増加しているとして、本格的な流行を前に予防や早期受診などの対策を呼びかけている。

 市内153の医療機関からの報告では、1月11日から17日までの報告数が4・42で、前週の1・53から大幅に増加した。流行開始の目安が1・00であることから、この1週間で急激に患者が増えたことがわかる。患者を年齢別にみると、10歳未満が半分以上を占め、54・4%。中でも5歳が最も多く、次に4歳、7歳の順となっている。

 流行状況を区別にみると、瀬谷区は5・71。市内で最も数値が高かったのは神奈川区の8・80、次いで都筑区の8・43、鶴見区の6・50だった。

瀬谷区版のローカルニュース最新6

2年連続で無火災

阿久和北部連合

2年連続で無火災 社会

市から表彰受ける

5月26日号

小中学生対象の卓球教室

小中学生対象の卓球教室 社会

阿久和地区センター

5月26日号

レッスンの成果を披露

レッスンの成果を披露 文化

ダンス発表会に200人

5月26日号

障がい者の働く機会応援

憲章Tシャツ

障がい者の働く機会応援 社会

売上の一部が工賃に

5月26日号

1歳枠拡大支援 鮮明に

横浜市保留児対策

1歳枠拡大支援 鮮明に 社会

対応施設に補助金

5月26日号

「ももクロ」とコラボ

横浜中華街

「ももクロ」とコラボ 文化

スタンプ集めて、食べ歩き

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook