瀬谷区版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

新たな生活へ共に歩む 大船渡で在宅被災者支援

社会

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena

 宮城県名取市に本部を置く公益財団法人共生地域創造財団。栄区出身の石井優太さんは2012年7月から同財団岩手事務局(大船渡市)で、仮設住宅に住みながら支援を続けている。

 フリーランスのプログラマーとして働いていた石井さん。「千年に一度とも言われる災害。身動きがとれる状況だからこそ今動くべき」と11年5月に個人ボランティアとして被災地へ。継続的に取り組むため翌年7月に大船渡へ移住した。

 当初の主な支援対象は避難所に入れず被災した自宅で生活する「在宅被災者」が中心だ。行政でも状態の把握が難しく支援が行き届かないことが問題とされ、発災から半年で一度も物資が届かない人も。同財団は市から委託を受け、津波浸水域に建つ住居を全戸訪問して状況を調査。活動理念の「伴走型支援」に基づき、必要な世帯へ物資の提供や見守りなどを通じて生活再建に向けた支援を進めてきた。「毛布を持っていくと『本当にありがとう』と涙を流された方もいた」

 同市では復興に向け仮設住宅団地の撤去・集約化も進められているが、いまだに生活再建のめどが立たない人も多い。石井さんらは撤去予定の団地に住む人への対応も担う。「住んでいる方々が順調に新しい生活に移れるかどうか」と話し、次の生活に向けて踏み出す被災者と共に歩んでいく。

瀬谷区版のローカルニュース最新6

”1”に因んだキルトずらり

1tas1カフェ

”1”に因んだキルトずらり 社会

26日まで展示

6月17日号

初夏の和泉川を散策

初夏の和泉川を散策 スポーツ

 瀬谷水緑の健康ウオーク

6月17日号

”障害”に寄り添い学ぶ

区社協移動情報センター

”障害”に寄り添い学ぶ 社会

7月に理解講座

6月10日号

プロからダンス学ぶ

ワークショップ

プロからダンス学ぶ スポーツ

瀬谷区で8月に

6月10日号

熱中症予防を呼びかけ

瀬谷消防署

熱中症予防を呼びかけ 社会

感染対策との両立も

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter