瀬谷区版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

長屋門公園清水さん 「皆で考え、より良い地域を」 男女共同参画表彰で大賞

社会

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena
表彰状を持ち笑顔の清水さん
表彰状を持ち笑顔の清水さん

 性別に関わらず、あらゆる人々が力を発揮できる社会の実現を目指して横浜市が創設した「横浜市男女共同参画貢献表彰」。第5回目となる表彰式が3月24日に行われ、長屋門公園歴史体験ゾーン運営委員会事務局長の清水靖枝さんが功労大賞を受賞した。

 これまで自治会やまちづくりなど、地域に根差した活動を男女共同参画の視点で展開してきた点が評価された清水さん。「思いを持って続けてきた活動を評価してもらえて嬉しい」と笑顔で語り、「私の思いを感じながら、足並みを揃えて一緒に活動してきてくれた皆さんがいたからこそ」と周囲への感謝を滲ませた。

男女が同じテーブルで

 1985年にケニアのナイロビで開催された「国連婦人の10年」世界会議と同時期に、横浜市でも女性施策担当部署や横浜女性フォーラム(当時)が設置。清水さんは市内各所で女性の地位向上について話し合う場を設けるなど、活動を展開した。地域で上の立場の役職に就いた時、「女性なのになぜ」と偏見の声を受けたことも。「発言できる場にいるのなら平等に発言すべき。男女が同じテーブルに座り、互いが持つものを出し合わないと良い地域にはならない」。開園当初から運営を行う長屋門公園では多様な企画を実施。定年後の男性に地域で活躍してもらおうと始めた阿久和北部地区の「おやじの広場」は自由な場として定着するなど、男女関係なく皆が活動できる場を広げてきた。

次代担う子どもを思い

 「活動を始めて約30年、男女平等が当たり前の社会になってきたと感じる」と清水さん。それでも「まだ課題はある」と問題意識を持ち続ける。根底にあるのは、次代を担う子どもたちのことだと言う。「男女の雇用機会均等を推進することで親子の時間が減ってしまう恐れも。子ども側の視点も必要。複雑な問題だからこそ皆で考え、より良い地域を目指して力を尽くしたい」と思いを語った。

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

https://www.k-kubo.yokohama/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

委員会構成決まる

県議会

委員会構成決まる 政治

6月24日号

夏の熱戦 組み合わせ決定

夏の熱戦 組み合わせ決定 スポーツ

高校野球 県大会

6月24日号

”1”に因んだキルトずらり

1tas1カフェ

”1”に因んだキルトずらり 社会

26日まで展示

6月17日号

初夏の和泉川を散策

初夏の和泉川を散策 スポーツ

 瀬谷水緑の健康ウオーク

6月17日号

熱中症予防を呼びかけ

瀬谷消防署

熱中症予防を呼びかけ 社会

感染対策との両立も

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter