瀬谷区版 掲載号:2016年4月21日号 エリアトップへ

横浜スカーフの魅力PR 親善大使6人が決定

経済

掲載号:2016年4月21日号

  • LINE
  • hatena
揃いの制服にスカーフをアレンジした大使たち
揃いの制服にスカーフをアレンジした大使たち

 横浜開港以来の伝統工芸で、シルク100%の「横浜スカーフ」の魅力を市内外に発信する5代目「横浜スカーフ親善大使」の6人がこのほど決定した。

 今回選ばれたのは、写真2列目右から後藤慎子(みつこ)さん(54)、安西仁美さん(36)、坪木愛実さん(19)、久保田桂子さん(42)、そして1列目右から安田安紀子さん(49)、清水美沙さん(20)。

 50人以上の応募の中から10代から50代の大使を選出。審査した横浜繊維振興会(松村俊幸会長)では「年代ごとのアレンジなど、幅広いスカーフの魅力を伝えられるのでは」と期待を寄せる。

 後藤さん=港南区在住=は受験を控える息子にチャレンジする母親の姿勢を見せたかったと応募。「顔の表情を明るくしてくれるスカーフが大好き。同年代の人にぜひ上手な使い方を伝えていきたい」と意気込む。坪木さん=相模原市中央区在住=は横浜市内の服飾専門学校でスカーフを使った洋服づくりの体験がきっかけで応募。「横浜スカーフは色使いなどが本当に奇麗。自分たちの世代にも良さを届けられたら」と話す。

 大使の任期は1年間。今月末に横浜赤レンガ倉庫で任命式が行われ、今後市内外のイベントなどで横浜スカーフの魅力を伝えていく。

瀬谷区版のローカルニュース最新6

”1”に因んだキルトずらり

1tas1カフェ

”1”に因んだキルトずらり 社会

26日まで展示

6月17日号

初夏の和泉川を散策

初夏の和泉川を散策 スポーツ

 瀬谷水緑の健康ウオーク

6月17日号

”障害”に寄り添い学ぶ

区社協移動情報センター

”障害”に寄り添い学ぶ 社会

7月に理解講座

6月10日号

プロからダンス学ぶ

ワークショップ

プロからダンス学ぶ スポーツ

瀬谷区で8月に

6月10日号

熱中症予防を呼びかけ

瀬谷消防署

熱中症予防を呼びかけ 社会

感染対策との両立も

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter