瀬谷区版 掲載号:2016年4月21日号 エリアトップへ

20回目の発表会を行う「西宝会」代表の 佐竹 波奈世(はなよ)さん 阿久和東在住 93歳

掲載号:2016年4月21日号

  • LINE
  • hatena

自分流に日々を楽しむ

 ○…民謡や踊り、詩吟にヨガ。地域で指導して40年以上、今も週に4つの教室を掛け持ちする多忙さだ。代表を務める「西宝会」恒例の発表会は今年で20回目。4月29日に本番を控える。曲決めや振り付け、プログラム作りや当日の昼食手配もほぼ一人でこなす。事前準備が終わった今、「やっと一息つけた」と笑顔を覗かせながら、「出来る限り、続けたい」と力強い一言が飛び出した。

 〇…生まれは千葉県館山市。「持っていて荷物にならない」との親の助言で、10代で調理師免許を取得。女子も働き手として駆り出された時代だったが、実家の仕出し店の手伝いが忙しく、軍需工場で働くことは免れた。当時思い描いていた夢はデザイナー。しかし末っ子で一人娘のため、心配した親から上京の許可は下りなかった。「残念だったけれど、それなら自分で勉強すれば良いと思った」。街行く人の服装を見て、良いと思えば真似して作る。それを繰り返し、独自のこだわりを見つけていった。

 〇…瀬谷に越してきたのは1950年頃。夫の仕事が決まり、千葉から船で海を渡った。「横浜はどんなに都会かと思ったら山ばかり。夜は真っ暗で外に出なかった」と振り返る。近所で料理を教えるうち、結婚式や葬式の手伝いが増え、地域のつながりが広がった。歌や踊りを教え始めたきっかけは自治会からの依頼。現在会員は20人ほどで、老人ホームへの慰問なども。「よくしてくれる会員の皆さんには感謝」。集まってする世間話も活力の一つだ。

 〇…「健康のため、特に気をつけてきたことはない」とさらり。強いて挙げるなら、と語った長生きの秘訣は「自分なりのおしゃれ」。幼い頃母親から言われ続けた「いつでも奇麗にしてなさい」という一言が今も心にある。市販の服のアレンジや爪先のネイルを楽しみ、銀座や浅草に一人でふらりと買い物へ。年齢を感じさせないパワフルさで、忙しい毎日を楽しんでいる。

瀬谷区版の人物風土記最新6

増田 江利子さん

地域の高齢者が集う「そよ風サロン」の代表

増田 江利子さん

阿久和南在住 70歳

6月10日号

森 千佳さん

森のおさんぽ会を開く「TEAMドルフィン」の代表

森 千佳さん

相沢在住 47歳

6月3日号

松清 武夫さん

瀬谷区シニアクラブ連合会の会長に就任した

松清 武夫さん

本郷在住 80歳

5月27日号

安平 博さん

瀬谷消防署の署長に就任した

安平 博さん

二ツ橋町在勤 57歳

5月20日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

5月13日号

川口 健太さん

瀬谷区商店街連合会の活性化委員会委員長を務める

川口 健太さん

区内在住 35歳

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter