瀬谷区版 掲載号:2016年5月19日号 エリアトップへ

重要文化財への指定が決まった貨客船「日本郵船氷川丸」の船長を務める 金谷 範夫さん 中区在勤 65歳

掲載号:2016年5月19日号

  • LINE
  • hatena

「歴史の証人」守り、後世へ

 ○…「気持ちいいなぁ」。見上げた青空に白と黒の船体が映える。自らが船長を務める、日本郵船の貨客船「氷川丸」である。引退後、山下公園に係留保存されている同船は今年3月、水上で保存されている船としては初の重要文化財指定の運びとなった。昭和初期から日本の経済を支えてきた同船はまさに歴史の証人。「戦争の時代もくぐってきた大変貴重な船。この船が背負うものを後世に残したい」

 ○…「動かない船」の船長を務めて13年。「就任が決まった時は『楽勝だ』って思いましたよ。ほかの船にぶつかる心配がないからね」と笑う。「でも、氷川丸の歴史を後世に伝えるという使命を考えた時、この船の船長業務の方が大変だってことに気づいたんです」。船には年間約30万人もの見学者が訪れる。乗客の安全管理は、船体の保守管理と並ぶ重要な任務だ。船は動かずとも、その表情は海上で指揮を執るキャプテンの顔そのものである。

 ○…東京、西荻窪の生まれ。「海が大好きでした。小学生のころから船乗りになりたくてね」。その言葉通り、日本郵船に入社後は貨物船やコンテナ船の航海士として世界中の海を駆け巡った。中でも、最初に船で外国へ行った時のことは今でも鮮明に覚えている。「3カ月かけて南米諸国などを回る航路だった。初めて海外の港に着いたときは感動したな」。海に魅せられた少年の夢が叶った瞬間だった。

 ○…航海士時代は、1年のうち約8カ月が海上生活。心の支えになったのは家族の存在だった。「家を守っていた妻が一番大変だったと思います」。結婚式の時は、式の3日前に船を降りた。娘が生まれた時も、誕生1週間後には出港しなければいけなかった。苦労をかけた家族に「いつもありがとう」と感謝の言葉。はにかむ笑顔は温かい。支えてくれた家族のためにも「後悔はない、幸せです」と自身の人生に胸を張る。根っからの「海の男」の生き様である。

寳藏寺墓苑&樹木葬墓地 花の苑

墓石付き完成墓地105.5万円~樹木葬墓地33万円~☎0120・514194

http://www.514194.co.jp

スポーツクラブNAS瀬谷

今年ラストの特別入会プラン。12月14日(火)まで実施中です。

https://www.nas-club.co.jp/seya

☆せやまるペイ販売中☆

区内商店街で使えるお得な電子商品券!詳しくはHPを!

https://www.seyakushotengairengoukai.com/seyamarupay/

アールグレイのシュトーレン

三ツ境のパン屋・ベーカリーサザンヴィラでお待ちしています☆

http://southern-villa.com/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

水村 明さん

瀬谷第一地区社会福祉協議会の会長を務める

水村 明さん

本郷在住 70歳

12月2日号

内田 隆雄さん

七夕灯篭祭りや見守り合いの集いに飾る灯篭を発案した

内田 隆雄さん

阿久和東在住 83歳

11月25日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月18日号

川尻 杏子さん

絵本「ぼくはチョココロネやさん」の絵を手がけた

川尻 杏子さん

阿久和東在住 44歳

11月11日号

伊藤 樹(たつき)さん

全国でフリースタイルフットボールのパフォーマンスを披露する

伊藤 樹(たつき)さん

下瀬谷在住 22歳

11月4日号

悠木 真湖さん(本名:加治真知子さん)

歌手生活15年を迎え、11月3日に瀬谷公会堂で「うた秋まつり」を開く

悠木 真湖さん(本名:加治真知子さん)

三ツ境在住

10月28日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook