瀬谷区版 掲載号:2016年5月26日号 エリアトップへ

くまモン絵でつなぐ笑い 「負けないで」森田さんが発端

社会

掲載号:2016年5月26日号

  • LINE
  • hatena

 4月14日に熊本県を襲った大地震。その夜、思い立ったようにペンをとったのは、「丸出だめ夫」で知られる漫画家・森田拳次さん(77歳/金沢区)だった。

 「横浜からは遠いし年寄りで力仕事はできない。だけど絵は描ける」――。熊本県のPRキャラクター・くまモンを描くと、「クマモンがクマっている」と生業のギャグを添え、仲間のちばてつやさんへ送った。2人の間でよく交わされるやりとりのつもりで、きちんと確認をせず描いたくまモン。ちばさんが自身のブログで公開すると、森川ジョージさんがくまモンの絵で熊本を励まそうと漫画家に呼びかけ。「くまモン頑張れ絵」としてツイッターを中心に、たちまち全国に広まった。「後日、著作権表示をつけて描き直した」と森田さんは照れ笑う。これらの予想外の広がりに熊本県は、イラスト利用の特例措置を出している。

 「苦しい時こそ笑いが必要」。いつも心にある思いだ。くまモンを描いた背景に、戦後の満州引き揚げ体験がある。ちばさんも同じ境遇だ。「大変な時期はこれからだと思う」。戦後復興したかつての日本と重ねる。挫折しそうな中で、伝えたいのは「負けないで」ということ。「自然には敵わないかもしれない。でも負けないよう助け合ってほしい」。似た心境を味わったから、できる支援がある。

 5月5日には自粛をしていたくまモンが活動を再開。「皆笑っていた。笑いは希望。負けないために、日常にはやはり笑いが必要」

瀬谷区版のローカルニュース最新6

秋に50回目の文化祭

秋に50回目の文化祭 文化

協会が総会

5月7日号

「墨で自由な表現楽しんで」

墨笑の友の会

「墨で自由な表現楽しんで」 文化

喫茶バス通りで作品展

5月7日号

パルマワラビーを展示

パルマワラビーを展示 社会

金沢動物園で3頭

5月7日号

クラシックにのせて舞踊

クラシックにのせて舞踊 文化

21日に昼ドキ

5月7日号

風情漂う泉の竹林

里山公開9日まで

きもの和五十鈴

5/1~5/5 ヘアセット・メイク体験会(通常1万2000円相当が無料)

http://kimonowaisuzu.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter