瀬谷区版 掲載号:2016年6月2日号 エリアトップへ

10周年を迎える瀬谷区太極拳協会3代目会長の 原 功さん 下瀬谷在住 73歳

掲載号:2016年6月2日号

  • LINE
  • hatena

楽しみながら健康づくり

 ○…先輩に誘われ何気なく始めた太極拳。「だんだん面白くなっていった。仲間が増えて楽しかったね」と微笑む。3年前、瀬谷区太極拳協会の3代目会長に就任。「表に出るより裏でいろいろ動く方が好きだし、合ってるんだけど」と物腰は控えめだが、発足から10年を迎えようとする協会への思いは強い。6月5日には毎年恒例の太極拳フェスティバルを開催。節目にふさわしい日に、と意気込む。

 ○…川崎市出身。小学校時代に野球を始め、それ以来中学、高校と野球に没頭、社会人になってからも続けた。「昔から体を動かすのが好きだったんだな」と振り返る。味の素の川崎工場で製造を担当し、現場に立ち続けた。スポーツセンターに通い始めたのは定年退職後。毎日のようにトレーニング室に顔を出し、今では利用者の中で回数トップの約5700回を数えるまでに。「顔見知りが増えて、飲み会のグループもいくつか。次の集まりが待ち遠しいよ」と交流を楽しむ。

 ○…「一度やってみようという軽い気持ち。ボケ対策になるかな、くらいだった」。スポーツセンターの太極拳教室無料体験日に参加。面白さに気付き、すぐ区内の太極拳クラブに入った。2006年、瀬谷区太極拳協会発足時からのメンバー。「瀬谷独自の協会をつくりたかった」と当時を振り返る。身一つでできる種目から、剣や扇など器具を使うものまでさまざま。「型の順番を覚えるのが大変。頭を使う。ひたすら数をこなすことだね」と笑う。

 ○…現在は、日本連盟公認資格となるA級指導員の資格を持ち、協会内3つの団体を教える立場に。「基本は楽しく、健康のために。休憩時間はおしゃべりして、ストレス発散してもらえれば良いんじゃないかな」。当初230人いた会員も、今では170人ほどに。「若い人たちにも太極拳の楽しさを知ってほしい。もちろん子どもたちにも」。幅広い世代に向け、今後も太極拳の魅力を発信し続ける。

瀬谷区版の人物風土記最新6

川口 健太さん

瀬谷区商店街連合会の活性化委員会委員長を務める

川口 健太さん

区内在住 35歳

5月7日号

植木 八千代さん

4月1日付で瀬谷区長に就任した

植木 八千代さん

西区在住 57歳

4月22日号

小松 恵さん

ライブや動画配信などの活動を展開するシンガーソングライター

小松 恵さん

区内在住 29歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月8日号

菅野 誠通(かんの まさみち)さん

商店街マップを製作した三ツ境駅前商店会の会長を務める

菅野 誠通(かんの まさみち)さん

三ツ境在住 38歳

4月1日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

3月18日号

きもの和五十鈴

5/1~5/5 ヘアセット・メイク体験会(通常1万2000円相当が無料)

http://kimonowaisuzu.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter