瀬谷区版 掲載号:2016年6月16日号 エリアトップへ

ウォーキングポイント事業 18歳以上へ対象拡大 ウェブ申し込みも可能に

スポーツ

掲載号:2016年6月16日号

  • LINE
  • hatena
参加を呼びかける市職員
参加を呼びかける市職員

 歩数に応じてポイントが貯まり、抽選で商品券があたる「よこはまウォーキングポイント事業」。6月から対象年齢がこれまでの40歳以上から18歳以上へ拡大、また6月9日からはウェブ上での申し込みが可能になった。

 市民が楽しみながら取り組むことができる健康づくりとして2014年11月に始まった「よこはまウォーキングポイント事業」。現在17万人弱が参加登録をしている。年齢拡大により対象者数はこれまでの214万人から303万人へと増える。市はこれに伴う環境整備として6月9日からウェブ上での参加申込みを開始。利便性を向上し、更なる参加者増を見込む。

 市民の健康意識の高さに加え、ポイントや抽選といった面白さが受け、事業開始当初から参加者は増えてきた。しかし、15年度に実施したアンケートで参加者の内訳をみると、65歳から79歳が半分以上を占め、また高齢化率の高い区の参加率が高いなど、地域や年代でかなり開きがあるのが実情。「健康寿命日本一」を目指すためにも、幅広い世代へのPRや地域性を踏まえた対策が検討されていた。

 こうした中、国の調査で20歳代から30歳代の運動習慣の低下が指摘されていることや、市内の事業所からの「年齢で区切らず、職場一体で取り組みたい」という声などを勘案し、今回の対象拡大に至った。今後、若年層や子育て世代を取り込み、健康寿命の延伸に向け、早くから自分の体に関心を持ってもらうよう事業の浸透を進めていく考え。

継続参加が課題

 参加者には無料で歩数計が提供(送料は負担)され、それを持って歩き、市内1050カ所にある専用読み取り機へ歩数計をのせるとポイント獲得や自身の歩行データ確認ができる。

 しかし、読み取り機の利用の継続割合(毎月利用)は期間が長くなるほど減少する傾向で、6カ月後には5割程度となっている。機械の設置場所に行かない人でも7割以上が歩数計を使用しているというデータもあるが、継続利用は課題の一つだ。

 市は「継続参加への取り組みは検討している。機械にのせることが全てではなく、歩数計を活用して運動習慣を身に付けてもらうことが重要。その意味で今後もこの事業が良いきっかけになれば」と話した。

瀬谷区版のトップニュース最新6

地域SNSで魅力発信

瀬谷区

地域SNSで魅力発信 社会

相鉄沿線4区で連携

3月4日号

「総合支援拠点」10区に設置

横浜市児童虐待対策

「総合支援拠点」10区に設置 社会

相談対応など強化へ

3月4日号

前年同水準の9453万円

瀬谷区21年度自主企画事業

前年同水準の9453万円 社会

定住促進など盛り込む

2月25日号

現職2氏の一騎打ちか

衆院選5区

現職2氏の一騎打ちか 政治

今秋までに解散総選挙へ

2月25日号

旧上瀬谷通信施設の整備に29億

【Web限定記事】横浜市 21年度予算案

旧上瀬谷通信施設の整備に29億 社会

土地区画整理や新交通の検討進める

2月18日号

1051枚の写真で彩るモザイクアート

【Web限定記事】瀬谷フェスティバル実行委員会

1051枚の写真で彩るモザイクアート コミュニティ社会

3月12日まで区民ホールで公開

2月18日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク