瀬谷区版 掲載号:2016年6月16日号 エリアトップへ

瀬谷ゴスペルクワイア 15年の思いを歌声に 公会堂で感謝コンサート

文化

掲載号:2016年6月16日号

  • LINE
  • hatena
本番に向け、練習に励むメンバー
本番に向け、練習に励むメンバー

 瀬谷区を中心に活動する合唱団「瀬谷ゴスペルクワイア」。6月で設立15年を迎えることに合わせ18日、瀬谷公会堂で15周年感謝コンサートを行う。ディレクターを務める北川良子さんは「皆が一つになり、歌を届けられたら」と話している。

 ゴスペルは、直訳すると「神の言葉」「福音・良い知らせ」という意味を持つ。一般的なブラックゴスペルはジャズやブルースなどをルーツとし、リズムやコーラスで神への賛美を歌うものとされている。

 2000年、瀬谷キリスト教会のクリスマスで初めてゴスペルを披露したメンバーによって、翌年6月にスタートした「瀬谷ゴスペルクワイア」。設立メンバーの一人、石山裕美さんは「すごく楽しかった。自分たちだけで終わりにするのはもったいないと思った」と設立時の思いを話す。

 下は5歳、上は70代まで約50人の幅広い世代が集う。05年頃から指導にあたる北川さんは、「基本が口コミ。この2、3年で一気に人数が増えた」と実感を語る。15年の間には教会の移転などもあり、存続が危ぶまれる時期もあった。しかし、多くのメンバーは変わらず残った。「子どもたちが大きくなり、今は大人とのバランスが良い。人数が多く、歌声を揃えるのは大変だが、一つになる瞬間を味わえるのは嬉しい」と北川さん。楽譜はなく、普段は月3回の練習で耳と体を使って曲を覚えるという。

 コンサートは「瀬谷ゴスペルクワイア」のほか、子育て中の母親たちによる「ママゴス」なども参加し、計14曲を披露する予定。北川さんは「半年かけて作り上げてきた。難しい曲への挑戦もある。皆のやる気や勢いがついてきたので、本番でも良いものが届けられたら」と話している。午後4時開演。入場無料。

瀬谷区版のトップニュース最新6

地域SNSで魅力発信

瀬谷区

地域SNSで魅力発信 社会

相鉄沿線4区で連携

3月4日号

「総合支援拠点」10区に設置

横浜市児童虐待対策

「総合支援拠点」10区に設置 社会

相談対応など強化へ

3月4日号

前年同水準の9453万円

瀬谷区21年度自主企画事業

前年同水準の9453万円 社会

定住促進など盛り込む

2月25日号

現職2氏の一騎打ちか

衆院選5区

現職2氏の一騎打ちか 政治

今秋までに解散総選挙へ

2月25日号

旧上瀬谷通信施設の整備に29億

【Web限定記事】横浜市 21年度予算案

旧上瀬谷通信施設の整備に29億 社会

土地区画整理や新交通の検討進める

2月18日号

1051枚の写真で彩るモザイクアート

【Web限定記事】瀬谷フェスティバル実行委員会

1051枚の写真で彩るモザイクアート コミュニティ社会

3月12日まで区民ホールで公開

2月18日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク