瀬谷区版 掲載号:2016年6月30日号 エリアトップへ

神奈川県宅地建物取引業協会横浜西部支部の支部長に就いた 橋本 雅博さん 戸塚区在住 54歳

掲載号:2016年6月30日号

  • LINE
  • hatena

「今風」真面目に追う

 ○…不動産業界の健全な発展などを目指す神奈川県宅地建物取引業協会。瀬谷区など6区を管轄する、西部支部の支部長に就いた。「会員がとても積極的な支部。今後は『さらに楽しく』をテーマにしたい」と意気込む。様々なイベントの企画とともに目指すのは「住民の身近な存在」になること。「複雑な不動産の悩みも、プロの話を聞くだけで安心する。気軽に相談できる場所をつくる」と話す。

 ○…「『ありがとう』が嬉しい」と不動産業の魅力を話す。顧客から感謝され、他の顧客を紹介して貰える瞬間がやりがいだ。経営する栄光商事は創業55年を迎えた。戸塚区で長い歴史を持つ不動産業者だが、新しい試みも欠かさない。「ネットに力を入れて、事務所を小ぎれいにする。そんな『今風』なやり方を、いつも取り入れていきたい」という。もちろん大前提には「地元との信頼関係」がある。「真面目にやることで信頼を得る大切さは、父親に教わった」と振り返る。

 ○…父が創業した会社に入社したのは30歳の頃。前職の大手不動産会社でノウハウを積んだ若い息子と、真面目な父。対立することもあった。「意見の食い違いが親子ゲンカになる。普通の会社ならあり得ないけれどね」。そんな父から、あるとき思いがけぬ誘いがあった。「たまには飲みに行くか」。美味しいはんぺんを食べさせてくれるという。「当時は若かったから、『はんぺんなんて食いたくねえよ』と思いながらついて行った」と笑うが、父が亡くなった今は、懐かしく思い出される記憶だ。

 ○…54歳の支部長就任は、歴代でも若いという。「引っ張っていくというより、助けてもらいながら運営していくと思う」というが、若いからこそできることもあるという。「次の世代に継いでいく役目も感じている」。その言葉通り、役員も若い世代を中心にした。「父も就いた西部支部長。明るく元気な組織にしていきたい」とほほ笑む。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

植松 哲平さん

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた

植松 哲平さん

岡山県岡山市出身 39歳

5月23日号

鈴木 好幸さん

皇室や多くの文化人らに愛される洋食器メーカー(株)大倉陶園の代表取締役を務める

鈴木 好幸さん

南区在住 60歳

5月16日号

西川 浩二さん

4月1日付で瀬谷消防署の署長に就任した

西川 浩二さん

磯子区在住 55歳

4月18日号

田島 充(みつる)さん

3月13日付で瀬谷警察署の署長に着任した

田島 充(みつる)さん

三ツ境在住 56歳

4月4日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

3月28日号

豊田(とよだ) 久子さん

横浜市体育協会の横浜スポーツ表彰でスポーツ功労賞を受賞した

豊田(とよだ) 久子さん

阿久和東在住 70歳

3月21日号

鈴木 媛女(ひめ)さん

2月の「ベスト・オブ・ミス神奈川」で、ミスユニバーシティ神奈川代表に選ばれた

鈴木 媛女(ひめ)さん

金沢区在住 19歳

3月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月23日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク