瀬谷区版 掲載号:2016年8月18日号 エリアトップへ

特養ホーム愛成苑 ベトナム人女性を雇用 経済連携協定に基づき

社会

掲載号:2016年8月18日号

  • LINE
  • hatena
笑顔が印象的なフオンさん(左)とホアさん
笑顔が印象的なフオンさん(左)とホアさん

 瀬谷町の特別養護老人ホーム「愛成苑」にこのほど、ベトナム人女性2人が介護福祉士候補者として加わった。これは国の経済連携協定(EPA)に基づくもので、2人は同施設で働きながら勉強し、2020年実施の介護福祉士国家試験合格をめざす。

 同施設にやって来たのはベトナム人のドアン ティ タイン ホアさん(25)とルオン ティ ラン フオンさん(24)。2人は現地の看護学校を卒業後、1年間の日本語研修を経て、ほかの候補者らと5月に来日。8月から同施設で働いている。

 「学生の頃、研修を通して介護の仕事に興味を持った」とホアさん。以前から日本に興味があり、家族の後押しもあったため、日本で介護福祉士として働く道を選んだ。フオンさんも学生時代に介護の仕事を知り、その重要性を実感。「利用者さんに寄り添いたい」という思いで来日した。現在は職員の指導のもと、食事や排泄介助を行うなど、少しずつ仕事を覚えているところだという。ホアさんは「毎日楽しい。日本語はまだ下手だけど、優しく教えてもらっている」と笑顔。さらに、2人は目標としている4年後の国家試験について「合格めざして頑張る。日本で働き続けたい」と意気込んだ。

 昨年12月に現地に赴き、就職説明会で2人と面談した平本秀真副施設長は、「介護はサービス業の面があるので、笑顔は大切。2人は特に印象に残った。職員からも現場が明るくなったという声を聞いている」と話し、今後の2人の活躍に期待を寄せた。

EPAの利用

 EPAに基づいた外国人看護師や介護福祉士候補者の受入れは2008年度から始まり、インドネシア・フィリピン・ベトナムの3カ国から多数入国している。同施設がEPAを利用するのは初で、「2人を受け入れるにあたりプロジェクトチームを作り、職員一丸となって支える体制を整えている」と平本副施設長。2025年には団塊の世代が後期高齢者となり、介護人材の不足が懸念されている中、外国人介護福祉士らが働きやすい環境づくりが求められている。

早くも利用者と打ち解ける2人
早くも利用者と打ち解ける2人

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

障がい問わずサッカーを

バンデリージャ横浜

障がい問わずサッカーを 社会

「共に子育てをする思い」

4月2日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 経済

来春、10〜12%増見込み

4月2日号

ハマ弁を中学校「給食」へ

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」へ 教育

21年度の開始を視野に

3月26日号

拡張エリア、4月に開園

瀬谷本郷公園

拡張エリア、4月に開園 社会

遊具や広場を整備

3月26日号

街の記録誌、一冊に

せや・ガイドの会

街の記録誌、一冊に 文化

18年間の情報まとめる

3月19日号

2区1カ所に拡充へ

認知症疾患医療センター

2区1カ所に拡充へ 社会

当初予算案に盛り込む

3月19日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク