瀬谷区版 掲載号:2016年10月20日号 エリアトップへ

「元気になりました」 瀬谷第二小に感謝の声続々

教育

掲載号:2016年10月20日号

  • LINE
  • hatena
5年3組の児童たちと池田教諭
5年3組の児童たちと池田教諭

 4月14日に発生し震度7の激しい揺れを記録した「熊本地震」から約半年が過ぎた。発生直後から熊本への支援を続ける瀬谷第二小学校(高野令子校長)には今、熊本の子どもたちから感謝の声が続々と届いている──。

◇ ◇ ◇

 地震発生から約1カ月後の5月10日、4年生の有志ら約30人を中心に校門前で募金活動を行った同校。3日間にわたり、熊本県のキャラクター・くまモンのポスターや募金箱を手に「お願いします!」と元気な声で募金を呼びかけた。

 5年生の児童は熊本の子どもたちを元気づけるため「歌を届けたい」と児童会に提案。すぐ可決され、全校児童で『花は咲く』の歌をCD録音することになった。

 「歌を届けたい」と声にしたのは、5年3組(池田孝教諭)の女子児童。児童から最初に相談された池田教諭は「東日本大震災の時には何もできず、何かできないかと考えていた時だった」とその瞬間を思い返す。曲目は東日本大震災後、被災地を勇気づけてきた『花は咲く』に決めた。この歌は同校の50周年イベントでも全校児童で合唱、思い入れのある歌だった。

 5月16日、全校児童による歌声がCDに録音された。CDには全校児童を代表して、5年3組の児童が手書きの手紙を添えた。クラス全員、1人3〜4校ずつを担当。熊本の子どもたちを笑顔にしたい、元気になって欲しいという思いを込め「あきらめないで」「元気に頑張って」と励ましの言葉を綴った。CDと手紙は6月中旬に熊本市内の全小学校96校へ郵送した。

◇ ◇ ◇

 7月に入ると熊本の小学校から続々と感謝の手紙が届いた。手書きのメッセージには「熊本のたくさんの人が勇気づけられました」「負けません」「僕たちもがんばるので、みんなも頑張って」「歌のおかげで元気になりました」などの感謝の言葉が。反面、「怖かった」「家が傾いた」「不安だった」と地震発生当時の様子や思いを伝える手紙も。中には『花は咲く』や『ふるさと』の歌声をCDに入れた学校、近況を伝える映像をDVDに入れて送ってきた学校もあった。「手紙やCDが届いて嬉しかった」「逆に勇気づけられた」と5年3組の多くの児童が口にする。同クラスでは熊本からの手紙や今までの交流の様子を9月5日、全校児童に劇で発表。届いた手紙は現在、校内の壁いっぱいに貼られ、CDやDVDは誰でも見られるようになっている。

 高野校長は「熊本の子たちを励ましたつもりの私たちが、元気をもらえるような気がしました。これからも何かできることを続けていきたい」と話した。

 池田教諭は「続けていくことが大事。届いた手紙には熊本の子たちの元気な様子が感じられた。このことも多くの人たちに伝えていきたい」と語った。

 同クラスではこの冬、三浦大根を熊本に送ろうと計画、9月26日には種まきが行われた。収穫は約90日後。「みんなで作った大根、喜んでくれるかな」と笑顔で話す児童たち。同校児童と熊本の子どもたちとの交流は今後も続いていく──。

大根の世話をする児童たち
大根の世話をする児童たち

瀬谷区版のローカルニュース最新6

自宅でアジサイ楽しむ

下瀬谷地域ケアプラザ

自宅でアジサイ楽しむ 社会

19日 オンラインで

6月10日号

モノづくりの楽しさ体験

せやっこわくわくワーク

モノづくりの楽しさ体験 教育

区、参加者募る

6月10日号

”障害”に寄り添い学ぶ

区社協移動情報センター

”障害”に寄り添い学ぶ 社会

7月に理解講座

6月10日号

プロからダンス学ぶ

ワークショップ

プロからダンス学ぶ スポーツ

瀬谷区で8月に

6月10日号

熱中症予防を呼びかけ

瀬谷消防署

熱中症予防を呼びかけ 社会

感染対策との両立も

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter