瀬谷区版 掲載号:2016年11月3日号 エリアトップへ

(一社)NPCJ主催の大会で、「メンズフィジーク」オーバーフィフティの部で優勝した 植田 昇さん 相沢在住 50歳

掲載号:2016年11月3日号

  • LINE
  • hatena

一歩踏み出し、世界広げる

 ○…基準は「ビーチで目を引く引き締まった肉体美」。体を鍛え上げるボディビルとは違い、全体のバランスや体の線を見る競技「フィジーク」は、「とても合理的。欠点をカバーしながらボディメイクをするから、年齢関係なくできる」と笑顔を浮かべる。10月15日に千葉県で行われた大会に出場し、部門別で優勝。大会挑戦わずか2回目での快挙だ。「この年齢でも捨てたもんじゃないといろんな人に知ってもらえたら」

 ○…3年半前は体重が100kgを超え、関節痛などの症状もあった。見かねた娘から、食べたものを記録するダイエットを提案され、試すと体重は一気に20kg減。しかし、思い描いていた痩せ方ではなかった。模索していた時、偶然目にした海外の「フィジーク」の動画。「体のバランスが良く、アスリートのようですごく格好良かった」と衝撃を受けた。その後は食事に気を付け、医学論文から知識を得るなど独自で研究を重ね、トレーニングを継続。「若い人と同じ内容ではなく、自分にあったトレーニングを研究している」。その姿勢が、短期間で結果を出すことにつながった。

 ○…次回の大会は11月19日、都内で行われる。今年最後の大会。これで優勝し、NPCJ登録者の中でトップの成績を獲得すると、世界大会も夢ではない。「どうせなら”かっこいい”を目指したい」と意気込む。トレーニングの過酷さや人前に出る気恥ずかしさもあると言うが、「これだけ変われると身をもって知った」と充実した表情に。大会で若い世代との交流も増え、世界が広がった。

 ○…瀬谷区で生まれ育つ。専門学校卒業後、実家の畳店を継いだ。「フィジーク」のおかげで普段の動きも軽快になったと笑顔を見せる。中高時代はバイク、30代の頃はウィンドサーフィンやダイビングなどをしに湘南の海へ。「昔から気になったものはやってみるタイプ」。自身の可能性に賭け、挑戦し続ける。

瀬谷区版の人物風土記最新6

武井 智紀さん

5月29日に瀬谷公会堂で開かれる区民オペラ「あまんじゃくとうりひこめ」に出演する

武井 智紀さん

本郷在住 29歳

5月19日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

氏原 菜那さん

10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

氏原 菜那さん

本郷在住 19歳

5月5日号

藤沢 重利さん

4月1日付で瀬谷スポーツセンターの所長に就任した

藤沢 重利さん

南台在勤 52歳

4月21日号

濱井 正さん

3月22日付で瀬谷警察署長に就任した

濱井 正さん

区内在住 59歳

4月14日号

林 茂さん

4/1に開所した「みんなの広場福福」を運営するNPO法人せやの理事長を務める

林 茂さん

南台在住 83歳

4月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook