瀬谷区版 掲載号:2016年11月10日号 エリアトップへ

区初の認知症カフェ開設 年明けには2カ所目

社会

掲載号:2016年11月10日号

  • LINE
  • hatena
出羽さん(右)、高橋さん、同ホームのスタッフ
出羽さん(右)、高橋さん、同ホームのスタッフ

 認知症の人やその家族、地域住民らの交流の場として、中屋敷のグループホーム「サロン・ド・せや」に偶数月の第3金曜日、「認知症カフェ」が開設。瀬谷区初の試みで、10月21日に第1回目が実施された。来年1月には2カ所目の開設も予定されている。

 「認知症カフェ」は、認知症の人たちが住み慣れた地域で自分らしく暮らしていくことを目指し、厚生労働省が策定した「新オレンジプラン」の政策の一つ。現在、全国で設置が進められている。設置主体は地域ケアプラザや介護サービス施設など。中屋敷地域ケアプラザが声を挙げ、「サロン・ド・せや」に協力を仰ぎ、実現に至った。「カフェ セレーナ」と名付けられた同カフェは、午後1時30分から3時で運営。参加者は200円を払い、飲み物や菓子を食べながら過ごすことができる。同ケアプラザの出羽美香さんは、「若年性認知症の方など、なかなか周囲に相談できない人もいる。そういう方の居場所になれば。介護をするご家族同士の交流にもつながれば」と話す。さらに地域の中にカフェを置くことで「地域の人に気軽に来てもらえるような場になってほしい」と期待を込めた。

 初回の21日には、初対面の人同士が会話をしながら情報を共有する場面も見られたという。「サロン・ド・せや」取締役の高橋みささんは、「場所を提供し参加することで、認知症に対する職員の関心も高まった」と話した。カフェ内にノートを置いて意見を募るなど、参加者の声を取り入れていくとしている。「根付くには数年かかるかもしれない。手探りでも続けていければ」(出羽さん)。

 2カ所目は中屋敷の特別養護老人ホーム「ファミリーイン瀬谷」で来年1月22日(日)に開設。奇数月第4日曜日に実施するため、区内では毎月1度「認知症カフェ」を利用できることになる。

瀬谷区版のトップニュース最新6

初の全国大会出場へ

横浜隼人中野球部

初の全国大会出場へ スポーツ

市春季大会で初優勝

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

河川功労者表彰を受賞

二ツ橋水辺愛護会

河川功労者表彰を受賞 社会

20年以上の活動を評価

5月12日号

防犯カメラ12台設置

瀬谷銀座通り商店会

防犯カメラ12台設置 社会

治安維持や交通安全に

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook