瀬谷区版 掲載号:2016年11月17日号 エリアトップへ

「瀬谷の花と緑フォトコンテスト」で区長賞を受賞した 小島 輝夫さん 本郷在住 75歳

掲載号:2016年11月17日号

  • LINE
  • hatena

「人とは違う視点で」

 ○…「瀬谷は誇れる景色がある。花と緑が豊かな街」。瀬谷の魅力を写真で伝えるフォトコンテストで区長賞に輝いた。日頃は山岳写真が多いが、今回は日常的に目にする風景と虹を収めた作品となった。写真展で自らの写真が多くの人の目に触れたことについては「やりがいがある」と笑顔に。「体力や時間を費やして撮影したものが第3者の目に映り、感動を与えられていたら嬉しい」

 ○…東京都江東区生まれ。幼い頃、家族とともに東京大空襲を経験。当時の記憶は今でも色褪せることはない。小中学校の頃はクラブ活動で水泳に力を入れた。今もプールにはよく通い、自らノルマを課し1時間で2000mを泳ぐ。「山に登って写真を撮るためには体力がないと。健康な体が大事」と生き生き語る。

 ○…カメラ歴は50年ほど。「ブランクなく、ずっと続けている」。子どもの頃、カメラ好きの父親の姿を見て憧れていたが、当時は貴重なもの。ペンタックスのカメラを初めて手にしたのは二十歳の頃だった。山登りが好きだったことから、いつしか山岳写真を撮るように。会社に入り、結婚してからも撮影で各地を回り、「家内には頭が上がらないね」と苦笑する。国内は一人で回るが、スイスやイタリアなど、ヨーロッパの山を夫婦で巡る旅も楽しみの一つだ。海外で撮影する醍醐味を「街に溶け込むことができる」と表現。日本にはない景色を求め、カメラを持って旅に出る。

 ○…「暇ということがない。やりたいことはたくさんある」。集めた古いレコードをCD化したり、旅行での写真に音楽をつけて編集したり。山岳雑誌に写真を投稿するだけではなく、文章を寄せることもある。さらにインストラクターとして、写真サークルを指導するなど、活動は幅広い。北海道や東北など、まだあまり足を踏み入れていない山に思いを馳せ、「人とは違う視点で写してみたい」。写真への意欲は尽きない。

瀬谷区版の人物風土記最新6

宮島 耕一さん

開所30周年を迎えた横浜市二ツ橋地域ケアプラザの所長を務める

宮島 耕一さん

二ツ橋町在勤 53歳

1月20日号

茂木 潤一さん

NPO法人区民施設協会・せやの事務局長を務める

茂木 潤一さん

泉区在住 63歳

1月13日号

山本 靖夫さん

2021年度の少年非行防止功労者表彰に選ばれた

山本 靖夫さん

上瀬谷町在住 63歳

1月6日号

木村 洋太さん

(株)横浜DeNAベイスターズの社長として球団の舵を取る

木村 洋太さん

都筑区出身 39歳

1月1日号

中村 元彦さん

(一社)神奈川県サッカー協会初の技術担当専任(現FAコーチ)を務める

中村 元彦さん

緑区在住 50歳

12月23日号

水村 明さん

瀬谷第一地区社会福祉協議会の会長を務める

水村 明さん

本郷在住 70歳

12月2日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook