瀬谷区版 掲載号:2016年11月17日号 エリアトップへ

「瀬谷の花と緑フォトコンテスト」で区長賞を受賞した 小島 輝夫さん 本郷在住 75歳

掲載号:2016年11月17日号

  • LINE
  • hatena

「人とは違う視点で」

 ○…「瀬谷は誇れる景色がある。花と緑が豊かな街」。瀬谷の魅力を写真で伝えるフォトコンテストで区長賞に輝いた。日頃は山岳写真が多いが、今回は日常的に目にする風景と虹を収めた作品となった。写真展で自らの写真が多くの人の目に触れたことについては「やりがいがある」と笑顔に。「体力や時間を費やして撮影したものが第3者の目に映り、感動を与えられていたら嬉しい」

 ○…東京都江東区生まれ。幼い頃、家族とともに東京大空襲を経験。当時の記憶は今でも色褪せることはない。小中学校の頃はクラブ活動で水泳に力を入れた。今もプールにはよく通い、自らノルマを課し1時間で2000mを泳ぐ。「山に登って写真を撮るためには体力がないと。健康な体が大事」と生き生き語る。

 ○…カメラ歴は50年ほど。「ブランクなく、ずっと続けている」。子どもの頃、カメラ好きの父親の姿を見て憧れていたが、当時は貴重なもの。ペンタックスのカメラを初めて手にしたのは二十歳の頃だった。山登りが好きだったことから、いつしか山岳写真を撮るように。会社に入り、結婚してからも撮影で各地を回り、「家内には頭が上がらないね」と苦笑する。国内は一人で回るが、スイスやイタリアなど、ヨーロッパの山を夫婦で巡る旅も楽しみの一つだ。海外で撮影する醍醐味を「街に溶け込むことができる」と表現。日本にはない景色を求め、カメラを持って旅に出る。

 ○…「暇ということがない。やりたいことはたくさんある」。集めた古いレコードをCD化したり、旅行での写真に音楽をつけて編集したり。山岳雑誌に写真を投稿するだけではなく、文章を寄せることもある。さらにインストラクターとして、写真サークルを指導するなど、活動は幅広い。北海道や東北など、まだあまり足を踏み入れていない山に思いを馳せ、「人とは違う視点で写してみたい」。写真への意欲は尽きない。

チョコのシュトーレン販売中

三ツ境のまちパン屋・ベーカリーサザンヴィラでお待ちしています。

http://southern-villa.com/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

平本 秀真(ほずま)さん

瀬谷小学校の130周年行事実行委員会の実行委員長を務める

平本 秀真(ほずま)さん

相沢在住 39歳

11月26日号

荒木田 百合さん

横浜市社会福祉協議会の会長に就任した

荒木田 百合さん

中区在勤 60歳

11月19日号

古林 宏之さん

11月に初の演奏会を開くハワイアンバンド「ザ・レイワーズ」のリーダー

古林 宏之さん

二ツ橋町在住 83歳

11月12日号

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

青葉区在住 62歳

11月5日号

高岩 敏和さん

阿久和北部見守り合いの集い運営委員長を務める

高岩 敏和さん

阿久和西在住 69歳

10月29日号

磯田 憲佑さん

10月に大会を初開催した瀬谷区硬式テニス協会の会長を務める

磯田 憲佑さん

阿久和西在住 81歳

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク