瀬谷区版 掲載号:2016年11月24日号 エリアトップへ

大塚家具アウトレット リユース家具を導入 関東最大級の品揃え

社会

掲載号:2016年11月24日号

  • LINE
  • hatena
リユース品の商品説明をする中村店長
リユース品の商品説明をする中村店長

 鶴見区寛政町にある(株)大塚家具のアウトレットが、このほどリユース家具を取り入れた「IDC OTSUKAアウトレット&リユース横浜」としてリニューアルした。同社は、今秋からリユース事業を本格始動。鶴見の店舗を関東最大級の中古品取扱い拠点として、リユース市場を開拓していきたい考えだ。

 新装開店した同店では、これまで販売してきたアウトレット商品に加え、リユース品を販売。

 リユース品は、同社が顧客などから下取りし、自社工房の職人による修理・加工を施したもの。買取品をそのまま販売することが多いリサイクルショップとは異なり、メンテナンスした良質な家具が手頃な価格で購入できる。中村貴之店長は「売れ行きは好調」と自信を見せる。

インテリア豊かに

 同社は、リユース事業で今の顧客ニーズに対応したいとする。これまでの家具の購入は、新築住宅を買う際の一式まとめ買いが一般的だったが、「今は少しずつ変える人が多い」。同社調査では、「本当は買い替えたいが予算がない」という人が多いこともわかった。

 新事業により「もったいない」と処分できなかった人も、下取りで手放しやすく、新たな購入者へも安価に商品を提供できるようにする。「買い替えを促進することで、生活の中で後回しにしがちなインテリアをもっと豊かに楽しんでもらいたい」と中村店長は話す。

 下取りやリユース品についての問合せは同店【電話】045・505・4321。

瀬谷区版のローカルニュース最新6

瀬谷の四季写真で表現

瀬谷の四季写真で表現 文化

区活が展示

1月20日号

福祉車両寄贈先が決定

神福協

福祉車両寄贈先が決定 社会

区内特養も対象に

1月20日号

心地よい親子関係とは

心地よい親子関係とは 教育

専門家が講演会

1月20日号

治安維持の想い技に込め

治安維持の想い技に込め スポーツ

瀬谷警察が武道始式

1月20日号

あのトラは今?

野毛山動物園の元アイドル

あのトラは今? 社会

「わたし(ミンピ)は元気です!」

1月20日号

駅の工事状況を動画配信

相鉄・東急直通線

駅の工事状況を動画配信 社会

鉄道・運輸機構が公開

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook