瀬谷区版 掲載号:2017年3月30日号 エリアトップへ

ふるさと納税 返礼品に「一日乗車券」も 減収48億円で市が新事業

経済

掲載号:2017年3月30日号

  • LINE
  • hatena

 「ふるさと納税」制度の影響による横浜市の市民税減収が2017年度に約48億円まで膨らむ見込みとなっている。こうした状況を受け、市では税収流出に歯止めをかけようと、みなとみらいエリアの市営バス・地下鉄の一日乗車券など「簡素な返礼品」を導入するなど、制度の見直しに着手する。

 ふるさと納税制度は自治体に寄付をすることで2000円を超える部分につき所得税、個人住民税が控除されるもの。生まれ故郷など住んでいる地域とは別の自治体への寄付も控除の対象となるため、「地方創生」を掲げて2008年から全国で広がった。

 自治体によっては寄付者に特産物などの「返礼品」を用意し、地元のPRを兼ねて寄付を呼びかけるところも多い中、横浜市では市民が応援したい事業を選んで寄付をする「横浜サポーターズ寄附金」制度を導入。以来、返礼品は用意せず、寄付者には各事業の報告書送付や、報告会への招待といった対応にとどめてきた。

 だが近年はふるさと納税の普及と返礼品競争の過熱を背景に、横浜市からの税収流出が大幅に拡大。市の市民税の減収は、15年度に約5億円だったのが16年度は全国ワースト1位の約30億円にまで拡大、17年度はさらに額がふくれ約48億円の減収が見込まれている。

 これに歯止めをかけようと市は17年度から同制度の見直しに着手。1万円以上の寄付に対して横浜駅からベイエリアの市営バス・地下鉄一日乗車券「みなとぶらりチケット」2枚を用意するほか、「動物園の充実」など対象事業を9種増やして「動物園年間パスポート」などを提供する。

 神奈川大学経営学部(財政学)の青木宗明教授は「ここまで税収減が大きくなれば、市としては何もしないわけにはいかないが、都市部の横浜市が返礼品競争に加わるのも品位がない。そういった板挟みの状況でのかなり苦しい対応では」と分析する。過熱する返礼品競争については総務省も問題視しており、高額な返礼品や寄付額に対して返礼割合の高い特産品の送付を控えるよう全国の自治体に呼びかけている。

 横浜市財政局の担当者は「市営交通の一日乗車券であれば、市内外の人に横浜を周遊してもらう機会にもつながる」と期待を込める。

瀬谷区版のトップニュース最新6

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

河川功労者表彰を受賞

二ツ橋水辺愛護会

河川功労者表彰を受賞 社会

20年以上の活動を評価

5月12日号

防犯カメラ12台設置

瀬谷銀座通り商店会

防犯カメラ12台設置 社会

治安維持や交通安全に

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

県内唯一「表彰旗」を受章

瀬谷消防団

県内唯一「表彰旗」を受章 社会

全国でも22機関のみ

4月28日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

4月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook