瀬谷区版 掲載号:2017年8月31日号
  • LINE
  • hatena

「ふれ愛♥音楽塾」の代表を務める 河目 和子さん 下瀬谷在住 71歳

「誰でも変われる」伝えたい

 ○…9月から本格的にスタートする区民主催の「ふれ愛♥音楽塾」。元は区内で活動していた3つのコーラス団体が主体となり、よりボランティア活動に特化したグループを作ろうと、有志が集まった。「昔は代表を引き受けるタイプではなかったけれど、自分を変えることができた。今が青春です」と笑顔。音楽を通して人との交流の場を広げ、瀬谷区の元気につなげたいと、仲間とともに活動する。

 〇…名古屋市出身。家庭の事情もあり、若い頃は家事をこなす日々が続いた。「外に遊びに行くことは少なく、暗かったと思う」と振り返る。20代の頃に勤めていた職場で、仕事のお礼にと貰ったカーペンターズのCDが音楽との出会い。「新たな世界が開けた」と感じた。29歳の頃に上京し、結婚を機に瀬谷区で暮らし始めて30年以上。夫の親せきがカラオケ好きなこともあり、自身も歌を楽しむように。さらに、子育てをしながら区内のソフトボールチームで汗を流すなど、いつしか社交的な性格へ。「人は変わることが出来ると身をもって体験した」

 〇…三味線や民謡にも取り組むなど、音楽は人生の大事な要素の一つ。2015年に参加した区のコーラス団体の活動が発展し、音楽塾が始まると聞き、「ぜひ自分も携わりたい」と手を挙げた。合唱は自分磨きであり、健康にもつながる。「年齢で諦める必要はなく、可能性はいくらでもある。それを伝えていきたい」と力強く語る。音楽塾は「担い手」と呼ばれるボランティアが資料の音読を担当することも。誰にでも発言の機会を設け、「誰もが主役になれる」活動を目指す。

 〇…若くして亡くなった娘が遺した、小学2年生の孫と過ごすことが大事な時間となっている。自身も2年程前に病を患ったが、「いつまでも悲しむのではなく前向きに進んでいきたい。人生捨てたものではないと実感している」。何事も楽しむ姿勢で、新たな活動も積極的に展開していく。
 

瀬谷区版の人物風土記最新6件

西川 浩二さん

4月1日付で瀬谷消防署の署長に就任した

西川 浩二さん

4月18日号

田島 充(みつる)さん

3月13日付で瀬谷警察署の署長に着任した

田島 充(みつる)さん

4月4日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

3月28日号

豊田(とよだ) 久子さん

横浜市体育協会の横浜スポーツ表彰でスポーツ功労賞を受賞した

豊田(とよだ) 久子さん

3月21日号

鈴木 媛女(ひめ)さん

2月の「ベスト・オブ・ミス神奈川」で、ミスユニバーシティ神奈川代表に選ばれた

鈴木 媛女(ひめ)さん

3月14日号

高井 滋夫さん

阿久和地区センターの館長を務める

高井 滋夫さん

3月7日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク