瀬谷区版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

NPO法人楽竹会 竹の音色で機能向上を 演奏活動が500回達成

文化

竹琴太鼓を演奏する奈良部さん
竹琴太鼓を演奏する奈良部さん
 竹から作ったオリジナルの楽器「竹琴(ちっきん)太鼓」を使い、区内の福祉施設や保育園などを回って演奏活動を行っているNPO法人楽竹会(奈良部岩次会長)。同会が行う演奏活動が10月17日、500回目を迎えた。考案者の奈良部さんは、「ここまで続けて来られたことが嬉しい」と喜ぶ。

 竹琴太鼓誕生のきっかけは、奈良部さんが竹林で愛護会の活動中、足が竹に当たり、音が鳴ったことだった。「意外にもきれいな音で、これは面白いと思った」。竹をさまざまな長さに切断し、加工して出来上がった竹琴太鼓。同会ではこれを用い、8年ほど前から区内や近隣地域で演奏活動を開始。童謡や歌謡曲などに合わせ、参加者は大型スクリーンに投影された歌詞や映像を見ながら手元の楽器を鳴らし、大きな声で歌うというプログラムだ。時には踊りなども交え、五感に働きかける。

 奈良部さんによると、竹琴太鼓の演奏は、副交感神経を刺激することで心身のリラックスにつなげ、自律神経のバランスを保つことに効果があるという。「ただ演奏を聴いてもらうだけではなく、一緒に参加してもらう能動的な活動。単純な音楽療法ではありません」と説明。この活動の根底にあるのは、世界保健機関(WHO)が提唱する、自立した日常生活に必要な能力や働きである「生活機能」の向上だと強調する。

 奈良部さんはこれまでの活動を振り返り、「奉仕というのは、最終的には自分のためにやっているようなもの」とした上で、「皆さんとどのような理念が共有できるか。世代が変わっても続けていける活動をめざしていきたい」と話す。

 今後は演奏中の脳波をデータ化し、副交感神経への影響などもさらに調べていきたいとしている。

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

経済波及効果を盛り込む

花博招致基本構想案

経済波及効果を盛り込む

2月22日号

横浜隼人の生徒に感謝状

福祉・交流拠点ぽかぽかプラザ

横浜隼人の生徒に感謝状

2月22日号

食品ロス削減、冷蔵庫から

TV・携帯との接し方とは

子育て講演会

TV・携帯との接し方とは

2月22日号

憲法を考える機会に

詩吟に親しんで

詩吟に親しんで

2月22日号

大成祭典 希望が丘葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

食品ロス削減、冷蔵庫から

食品ロス削減、冷蔵庫から

区、専門家招き講座

3月5日~3月5日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク