瀬谷区版 掲載号:2017年11月16日号 エリアトップへ

瀬谷西出身バンド桃色ドロシー 「初挑戦」に手応え実感 2ndシングル「茜さす」発売

文化

掲載号:2017年11月16日号

  • LINE
  • hatena
CDを持ち笑顔を見せる(左から)岸部さん、波木井さん、漆崎さん
CDを持ち笑顔を見せる(左から)岸部さん、波木井さん、漆崎さん

 秋の季節によく馴染むバラードが完成した――。

 瀬谷西高校軽音楽部出身のガールズロックバンド「桃色ドロシー」が10月28日、セカンドシングル「茜さす」を発売。ゆったりした曲調のバラードはバンド初挑戦。激しいロックが中心の”桃ドロらしさ”から一線を画す、意欲作となっている。

 「桃色ドロシー」は波木井扶美さん(ギターボーカル)、岸部恵子さん(ドラム)、漆崎成実さん(ベース)の3人からなるロックバンド。2015年から活動を本格化させ、都内や横浜市内でライブを行っている。今年4月には1stシングル「桃泥のすゝめ」を発売。精力的に活動中だ。

 レコーディングは9月上旬、3日間集中して行った。音楽スタジオで働く漆崎さんが技術面を担うなど役割を分担。作業のほとんどを3人で行ったという。

 作詞作曲担当の波木井さんによると、表題曲の「茜さす」は「歌詞にメロディを乗せた時うまくいかず、何度もやり直した」といい、時間をかけた1曲。「この季節特有の言い表せない切なさや寂しさをバラードで表現しようと思った」。デモ音源を聞いたメンバー2人は「(バラードは)予想外だったが単純に良い曲で感動した」(岸部さん)「聴いて泣いてしまった」(漆崎さん)と絶賛したという。

 一方、2曲目の「或る衝動」はベースの短いフレーズから始まる、疾走感溢れるロックチューン。ライブでは2曲とも披露済み。ファンからはバランスよく両方への感想が届いているといい、「挑戦した曲と、桃ドロらしい曲。やってきたことが間違いではなかったと思えて嬉しかった」と3人は笑顔で声を揃える。

 今後は路上ライブ、12月には瀬谷区で初ライブを予定するなど活躍が期待される桃色ドロシー。3人でさらなる挑戦を続ける。

 CDはバンドHP(桃色ドロシーオンラインショップで検索)でも購入可。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

委員会構成決まる

【Web限定記事】横浜市会

委員会構成決まる 政治

5月28日号

新しい公会堂がオープン

【Web限定記事】プレイバック瀬谷【6】

新しい公会堂がオープン 社会

10年10月を振り返る

5月28日号

安田物産が弁当を配布

開催見合わせへ

【Web限定記事】商店街ウォークラリー

開催見合わせへ 経済

5月28日号

医療と経済に重点配分

【Web限定記事】補正予算

医療と経済に重点配分 社会

林市長、コロナ対策語る

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 5月21日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク