瀬谷区版 掲載号:2017年11月16日号 エリアトップへ

介護老人福祉施設ひだまり館 県ベスト介護20に選出 区内事業所として初

社会

掲載号:2017年11月16日号

  • LINE
  • hatena
選出を喜ぶ平野施設長(中央)と職員たち
選出を喜ぶ平野施設長(中央)と職員たち

 サービスや人材育成で優れた実績を挙げた事業所を称える「かながわベスト介護セレクト20」がこのほど発表され、二ツ橋町の介護老人福祉施設「ひだまり館」が選ばれた。認知症介護に対する取り組みなどが評価されたもので、区内施設として初選出。

 この制度は優良事業所を表彰し、奨励金を交付することで、県内介護業界のサービスの質向上や人材確保などを促す狙い。審査項目は、利用者の要介護度の改善、職員の働く環境整備、人材育成、特徴的な取り組みなど。県地域福祉課によると、創設2年目となる今年度は117事業所から申請があり、選考会と検証調査を経て19事業所が選ばれた。今月5日の「介護フェアinかながわ」で、表彰式が行われた。

認知症対策に注力

 ひだまり館(平野正文施設長=人物風土記に関連記事/従業員数60人)は、社会福祉法人栄光会が運営している施設。入所とショートステイ合わせて90人が利用している。昨年度は、同制度の前段階となる「かながわ認証」を受けていた。

 2004年の開館から重点的に取り組んでいるのが認知症対策だ。職員は積極的に外部研修に参加し、資格を取得してきたという。現在は、認知症介護実践リーダー研修を修了した9人を中心にチームケアを展開している。

 従業員の処遇改善では、介護業界で課題とされる職員の「腰痛対策」として、「持ち上げない介護」を実践。車椅子やベッドに移乗する時に専用器具を使い、利用者を抱え上げないことで、職員の肉体的負荷を減らしている。

 また、ここ1年は地域貢献事業にも着手しており、10月には地元住民らを対象にした認知症予防体操の講座を開いた。「地域貢献など、かながわ認証の獲得時に見つかった不足点を、この1年で改善してきたことが選出に繋がりました。従業員も喜んでいます」と平野施設長。「これからはさらに認知症対策と持ち上げない介護、地域貢献を推進していきたいです」と抱負を話している。

瀬谷区版のトップニュース最新6

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月23日号

3年ぶりに開催へ

瀬谷フェス

3年ぶりに開催へ 社会

ピクニックエリアを新設

6月23日号

環境アセスで説明会

国際園芸博覧会

環境アセスで説明会 社会

渋滞など懸念する声も

6月16日号

国交省から表彰

瀬谷駅南口第1地区再開発

国交省から表彰 社会

街づくりの功績で

6月16日号

ごみ拾いとゲームで競技

ごみ拾いとゲームで競技 スポーツ

瀬谷西高で21日に大会

6月9日号

網代さんが会長就任

市町内会連合会

網代さんが会長就任 社会

若者世代との交流図る

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook