瀬谷区版 掲載号:2017年11月23日号 エリアトップへ

相沢小学校の創立50周年実行委員会の顧問を務める 大坪 陸男(むつお)さん 瀬谷町在住 78歳

掲載号:2017年11月23日号

  • LINE
  • hatena

児童の「真剣」に心打たれ

 ○…11月18日に開かれた、相沢小の50周年式典。学校近くの細谷戸連合町内会の会長を務めていたことから顧問に就任し、昨年末から教諭やPTA役員、自治会関係者らと周年事業を進めてきた。一連の事業の主役は子どもたち。企画に始まり、式典当日は多彩なパフォーマンスを披露した。「真剣な姿が印象的。私たち地域の大人も、頑張って協力しようという気持ちになる」と目を細める。

 ○…相沢小との「縁」は深い。子どもの母校であると同時に、50数年前の学校設立運動に携わったからだ。当時は細谷戸地区だけでも800人近い児童がいたそうで、子どもたちが通っていた瀬谷小は過密状態。午前と午後に分けて授業するような状態で、憂慮した住民有志が分校設置運動を始めたという。20代後半だった自身も若手メンバーの1人として、署名活動や横浜市への要望に奔走した。一緒に活動した先輩や知人のなかには亡くなっている人もおり、「50年の大きな節目に顧問に選んでいただき、ありがたい。当時の運動が報われたような気持です」と感慨深げに語る。

 ○…生まれは東京で、55年ほど前に瀬谷へ。2人の子どもは結婚して、今は妻と2人暮らし。連合町内会長のため自宅には来客や電話が多く、妻の支えが欠かせないそう。趣味はカラオケで、もっぱら演歌を歌う。多忙な日々の息抜きだ。

 ○…半世紀にわたり、地域活動に携わる。細谷戸連合町内会長は2年目。昔ながらの価値に縛られない、時代に合わせた考えが必要だとして、「多くの意見を聞くこと」を心がけている。喫緊の課題は高齢化対策。見守りパトロール、大きな音で緊急時を知らせる笛の配布など様々な取り組みを展開している。また、子どもとの交流も必要だとして、もちつき大会など毎月1回イベントを開く。今は、空き家を高齢者の交流サロンとして開放する計画を進めており、会長として地域活性化に余念がない。

瀬谷区版の人物風土記最新6

武井 智紀さん

5月29日に瀬谷公会堂で開かれる区民オペラ「あまんじゃくとうりひこめ」に出演する

武井 智紀さん

本郷在住 29歳

5月19日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

氏原 菜那さん

10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

氏原 菜那さん

本郷在住 19歳

5月5日号

藤沢 重利さん

4月1日付で瀬谷スポーツセンターの所長に就任した

藤沢 重利さん

南台在勤 52歳

4月21日号

濱井 正さん

3月22日付で瀬谷警察署長に就任した

濱井 正さん

区内在住 59歳

4月14日号

林 茂さん

4/1に開所した「みんなの広場福福」を運営するNPO法人せやの理事長を務める

林 茂さん

南台在住 83歳

4月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook