瀬谷区版 掲載号:2018年1月18日号 エリアトップへ

瀬谷区17年火災発生件数 過去20年で最多 放火の増加受け50件に

社会

掲載号:2018年1月18日号

  • LINE
  • hatena

前年から24件増加

 瀬谷区内の2017年の火災発災件数(速報値)が50件(前年比24件増)と、過去20年間で最多となったことが、瀬谷消防署の調べで分かった。このうち放火(疑いを含む)が56%を占めており、同署では区民に注意を呼びかけている。

 主な出火原因は放火(疑いを含む)が28件と最も多く、コンロ6件、タバコ5件と続いた。また、配線や火入れ作業が原因となる火災もあった。負傷者数と死者数は7人と2人で、いずれも2016年より2人ずつ増加している。焼損面積は265平方メートルだった。

 50件という火災発生件数は、1998年から20年間で、05年と11年の48件を超えて最多となった。疑いを含める放火の件数も、最多だった11年(25件)より3件増えた。

 同署予防課によれば、昨年は宮沢地区と県営阿久和団地周辺など阿久和南地区で、放火と疑われる火災が多く発生した。枯れ草などに加えて、自動車やバイクの車両カバーに火をつけられたり、家の敷地内の燃えやすい物や放置自転車が狙われるケースも多かったという。

対策を呼びかけ

 同署では対策として、消防隊や消防団による巡回広報、注意を促す看板やチラシの掲示などを行った。熱を感知する防犯カメラも一部で導入しているという。

 区民が出来る対策としては、新聞・雑誌・段ボールなど燃えやすい物を家の周囲に置かないこと、不用品や古材は放置せずに物置などに保管すること、ゴミ出しは指定日時と場所を守ることなどを挙げている。さらに、家の門扉や通用口、車庫、物置のドアなどを施錠して、放火犯を侵入させないことも大事だとしている。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

障がい問わずサッカーを

バンデリージャ横浜

障がい問わずサッカーを 社会

「共に子育てをする思い」

4月2日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 経済

来春、10〜12%増見込み

4月2日号

ハマ弁を中学校「給食」へ

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」へ 教育

21年度の開始を視野に

3月26日号

拡張エリア、4月に開園

瀬谷本郷公園

拡張エリア、4月に開園 社会

遊具や広場を整備

3月26日号

街の記録誌、一冊に

せや・ガイドの会

街の記録誌、一冊に 文化

18年間の情報まとめる

3月19日号

2区1カ所に拡充へ

認知症疾患医療センター

2区1カ所に拡充へ 社会

当初予算案に盛り込む

3月19日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク