瀬谷区版 掲載号:2018年1月18日号
  • LINE
  • hatena

鮮やかな羽子板並ぶ 長屋門・蔵ギャラリー

文化

ずらりと並んだ羽子板
ずらりと並んだ羽子板

 長屋門公園内の蔵ギャラリーで現在、「新春羽子板と能面展」が開かれている。

 正月の遊びとして親しまれてきた羽つき。羽子板は、無病息災を祈る御守りの意味合いもあるという。同園では、地域住民らが飾らなくなった羽子板を引き取り、毎年この時期にまとめて展示している。

 今年は全部で19点の鮮やかな羽子板がずらりと並べられた。「羽子板はおめでたいものなので、こうして皆さんに見てもらえれば」と、同園の清水靖枝さんは話す。ギャラリー内には手作りの能面も飾られ、新春の雰囲気を感じられる空間となっている。

 展示は今月31日(水)まで。

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク