瀬谷区版 掲載号:2018年1月25日号
  • LINE
  • hatena

区内のインフル報告数 警報基準値超え 全区で最も高く

社会

 インフルエンザの罹患者数が横浜市内で増加している。瀬谷区の2018年第2週(1月8日〜14日)の定点あたり患者報告数は34・14となり、流行警報を発令する基準(30)を上回っており、全区で最も高い数値だ。市では、本格的な流行期に入ったとして、予防を呼びかけている。

 市衛生研究所では市内153の医療機関を「定点」として、インフルエンザの罹患者数を調べている。同研究所などの発表によると、18年第2週の定点あたり報告数は市全体で22・87となり、前週より13・43増加した。年齢別にみると15歳未満が全体の約55%を占めているものの、ここ5週は成人の割合が増加傾向にあるという。瀬谷区の定点あたり報告数は、12月中旬から年明けは9・29〜17・33で推移しており、第2週に入って急増した。

 市全体の学級閉鎖は、授業が始まった第2週で小中学校それぞれ1件だったが、第3週(15日〜21日)は17日時点で小学校を中心に100施設以上、患者数1300人以上に上っている。保育園、病院や高齢者施設などでの集団感染の報告も続いており、更なる注意が必要だという。

 予防法は十分な栄養と睡眠の確保、手洗いの徹底、マスク着用、人混みを避けることなど。また、インフルエンザ発症後に熱が下がっても、3〜4日は静養して人との接触を避けるべきだという。

※1月22日起稿

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進

4月18日号

打撃力で県制す

少年野球瀬谷リトル

打撃力で県制す

4月18日号

手作り鯉のぼり空へ

せやかっぱの会

手作り鯉のぼり空へ

4月18日号

「コトバ塾」開校

泉 区

「コトバ塾」開校

4月18日号

カラオケと踊り披露

西宝会

カラオケと踊り披露

4月18日号

モンチッチ300体が大集合

人形の家

モンチッチ300体が大集合

4月18日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク