瀬谷区版 掲載号:2018年1月25日号 エリアトップへ

区内のインフル報告数 警報基準値超え 全区で最も高く

社会

掲載号:2018年1月25日号

  • LINE
  • hatena

 インフルエンザの罹患者数が横浜市内で増加している。瀬谷区の2018年第2週(1月8日〜14日)の定点あたり患者報告数は34・14となり、流行警報を発令する基準(30)を上回っており、全区で最も高い数値だ。市では、本格的な流行期に入ったとして、予防を呼びかけている。

 市衛生研究所では市内153の医療機関を「定点」として、インフルエンザの罹患者数を調べている。同研究所などの発表によると、18年第2週の定点あたり報告数は市全体で22・87となり、前週より13・43増加した。年齢別にみると15歳未満が全体の約55%を占めているものの、ここ5週は成人の割合が増加傾向にあるという。瀬谷区の定点あたり報告数は、12月中旬から年明けは9・29〜17・33で推移しており、第2週に入って急増した。

 市全体の学級閉鎖は、授業が始まった第2週で小中学校それぞれ1件だったが、第3週(15日〜21日)は17日時点で小学校を中心に100施設以上、患者数1300人以上に上っている。保育園、病院や高齢者施設などでの集団感染の報告も続いており、更なる注意が必要だという。

 予防法は十分な栄養と睡眠の確保、手洗いの徹底、マスク着用、人混みを避けることなど。また、インフルエンザ発症後に熱が下がっても、3〜4日は静養して人との接触を避けるべきだという。

※1月22日起稿

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

新型肺炎の経営相談、休日対応

新型肺炎の経営相談、休日対応 社会

市信用保証協会

3月26日号

自治会町内会長を表彰

自治会町内会長を表彰 社会

長年の活動称え

3月26日号

市営住宅にLED寄贈

IKEA

市営住宅にLED寄贈 社会

南台と楽老に1300個

3月26日号

南口にタクシー乗り場

三ツ境駅

南口にタクシー乗り場 社会

二重交通が新設

3月26日号

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型肺炎、影響で減少

3月26日号

横浜マイスターを募集

横浜マイスターを募集 経済

熟練技能職者を市が認定

3月19日号

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク